G4

インプレッサ G4新型の外側!外装や外寸、駐車場の情報も大紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


オンオフを問わず乗りやすいデザインが多いスバルの車。

インプレッサG4も男女問わず、幅広い年齢層で人気のようですね。

この記事では外装の特徴やオプションパーツのおすすめ商品だけでなく、駐車場に入ることができるかどうかまで徹底的に解説したいと思います。

 

新型インプレッサG4の外装は?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/

 

何はともあれ、まずは外装の写真をご覧いただきたいと思います。

外装ビジュアル

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

最近のスバルの車は精悍な顔つきをした車種が多いですね。

従来からスポーツ路線で販売されていた”インプレッサ”のネーミングを継承していますので、落ち着きのある雰囲気の中にも、走りの逞しさを想像させるようなルックスのデザインです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

リアを遠目に見ても、スッキリとまとめられている印象ですね。

フロントビュー・リアビュー共にオプションパーツを装着した写真ではありますが、若い年齢層にも「乗ってみたい」と思わせるカッコよさが見事に演出できているのではないでしょうか。

 

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

ヘッドライトのデザインは横に大きく切れ長ですので、横から見た時も独特な”コの字”の形状が強調されています。

ヘッドランプウォッシャー付近のフロントバンパーデザインともマッチしていて、とても完成度は高いと思います。

リアのテールライトもシャープな印象を受けるデザインで、”インプレッサ”の名に恥じぬよう拘りを持ってデザインされていることが伺えますね。

 

スバルの新しいデザインフィロソフィー

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/design/

実は最近のスバル車は、”DYNAMIC × SOLID”という共通したテーマを元にデザインされています。

エクステリアでは「ダイナミックな躍動感と、ソリッドな塊感の融合」、インテリアでは立体的な面構成によって「包まれ感」や「広さ感」を演出するとともに、ミクロン単位で素材にこだわって高い質感を実現しています。

 

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/design/

エクステリアに施される何気ないデザインの中にも、スバルの最大の特徴であるボクサーエンジンを想像させるような形状が隠れていますよ。

実はこのインプレッサG4をはじめとする新型インプレッサシリーズは、次世代プラットフォームである”スバル・グローバルプラットフォーム”を搭載するとともに、DYNAMIC × SOLIDデザインを全面採用した最初のモデルとなっています。

 

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/design/

フロントフェイスだけでなく、ボディ前後のダイナミックな絞り込みや、抑揚のあるブリスターフェンダー、特徴的なキャラクターラインなどにおいても、このデザインが表現され、インパネも抑揚のあるダイナミックな造形が施されています。

 

見えないところにも拘りが!

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/powerunit.html

インプレッサG4のエクステリアには、スバルが長年得意としている”走り”に拘る姿勢も隠れています。

ボンネットの材質も軽量なアルミを採用していますし、空力性能を追及するため、エンジン下とフロア下にはカバーが採用され、車体下の空気を整流することで空気抵抗の軽減に貢献していますよ。

このようにインプレッサG4ではエクステリア全体において、空力や運動性能、燃費向上のバランスが徹底的に考え抜かれたデザインになっていることがおわかりいただけるかと思います。

 

新型インプレッサG4のおすすめ外装パーツは?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

インプレッサG4のカタログにはエアロパーツをはじめ、たくさんのオプションパーツが掲載されています。

他の人はどんなパーツを買って付けているんだろう?と気になっている方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめのパーツをいくつかご紹介したいと思います。

 

おすすめの外装オプションパーツ

LEDアクセサリーライナー

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/exterior/

フロントの印象をぐっと引き締め、エレガントさを演出してくれるアクセサリーです。

デイライトが欲しい方に人気で、の納まりの良さや、スイッチでON-OFFできる便利さは純正オプションならではですね。

これがあるのと無いのではフロントフェイスの印象に大きな差が出ますので、少々価格は張りますが、ディーラーオプションの中では一押しのアイテムですよ。

 

フロントグリル

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/exterior/

メッシュ部は半艶ブラック塗装、枠部分はガンメタ塗装で、フロントフェイスを精悍な顔つきに変える人気商品です。

スバルエンブレムがLEDの商品も発売されていますが、過度な光モノは最近ではあまり流行らなくなったような気がしますので、敢えてここでご紹介するのは控えたいと思います。

筆者としては、LEDライナーを装着する場合は余計な光モノを使用しない方が上質感が出るので避けた方が無難ではないかと思いますよ。

 

大人気のSTiは品質も機能も別格!

ここまで純正オプションパーツの人気商品をご紹介してきましたが、「あれっ?」と思われた方はおそらくスバルの車が好きな方でしょう。

スバル車には”STi”というブランドのオプションパーツが必ずと言っていいほど用意されています。

 

”STi”は「SUBARU Technical international」というモータースポーツ部門の名称で、日産では「NISMO」、ホンダでは「無限」なども同じようにメーカーのモータースポーツ部門にあたります。

STiは国内外問わず様々なレースで実績を挙げた高い技術を市販商品にも取り入れており、その絶大な信頼のあるオプションパーツは車種を問わず、圧倒的な人気を誇ります。

その中でも特に人気があるエクステリアパーツは”フロントリップスポイラー”でしょう。

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza4door_gk/aero/

フロントバンパーの下に取り付けることでダウンフォースを発生させ、直進安定性などを向上させるアイテムです。

ダウンフォース云々というよりも、実際に車高を下げずとも車高が下がったかのような視覚効果もあるために取り付けるている方が多いと思います。

もちろん空力効果もしっかり発揮できるよう設計された純正オプションパーツですのでスタイリングだけを考えた社外商品とは品質もフィッティングも比べものになりませんよ。

 

新型インプレッサG4の外寸は?機械式駐車場に入る?

まずはボディサイズからチェックしてみましょう。

インプレッサG4の外寸

1.6i-L EyeSightを例にしていますが、どのグレードでも上記の項目におけるサイズに違いはありません。

一見それほど大きいようには見えないインプレッサG4ですが、全幅が1775mmで、5ナンバー基準である1700mmをオーバーしているため”3ナンバー”の車になります。

マンションなどにお住まいの方の中には、駐車場が機械式になっていて、新しく購入される車が入るかどうか心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

 

立体駐車場の種類

”立体駐車場”は、大きく分けて”自走式駐車場””機械式駐車場”があります。

大型の商業施設ではスロープで上層階へ上がる駐車場が一般的ですね。

これらは「自走式駐車場」または「平面駐車場」と呼ばれています。

 

一方、市街地では駐車場として使用できるスペースが狭い場合が多いので、”機械式立体駐車場”が設置されている傾向にあります。

機械式立体駐車場は、車両を停車したままパレットごと搬出入する「循環式」と呼ばれるものや、車両を上下に駐車することができる「二段・多段方式」など様々あります。

ですので、機械式駐車場のサイズもさまざまあるため、インプレッサG4が機械式駐車場に「入る」「入らない」とは一概には言えないのです。

 

「ローダウンしているので入庫を断られた」というようなケースは除き、機械式駐車場に入れないというのは、いくつかのケースが考えられますね。

「5ナンバー車だけど全高がオーバーするので入れない」

「高さや全長はオーバーしていないのに、3ナンバー車だから断られた」などなど…

 

インプレッサG4は機械式駐車場に入る?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/spec/spec.html

もしインプレッサG4で機械式駐車場に入ることができなければ、全幅がオーバーしてしまうのが原因でしょう。

「車を実際に入れてみないとわからない」というところもありますが、商業ビルの立ち並ぶ街中での機械式駐車場では、「3ナンバー車はお断り」という駐車場がたくさんあるかと思います。

このような立体駐車場の車両制限は「全高1,550mm以下、全長5,000mm以下」であることが多いので、3ナンバー車であっても駐車できる車両もあります。

 

インプレッサG4は3ナンバーですが、全幅が5ナンバー基準を70mm上回っているだけですので「絶対に機械式駐車場には入れない」というわけではないので安心してくださいね。

 

車両を購入する前に、普段車を停める駐車場が立体駐車場であればサイズチェックは忘れずにしておきましょう。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加