G4

インプレッサG4新型の安全性や運転のしやすさはどんな感じ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


自動車メーカー各社、燃費性能と同様に安全性能を高めた車を続々と発売していますね。

この記事では新型インプレッサG4の自動ブレーキなどの安全性や運転しやすさについてご紹介したいと思います。

 

新型インプレッサG4の安全性能は?

自動車を購入する時の選択基準として、あなたは何を重視しますか?

エクステリアやインテリアなどのデザイン、速さ、大きさなど、様々な項目があると思います。

 

車としての基本性能を考えた時に重要になってくるのは「走る」「曲がる」「止まる」という3つの要素です。

この要素のうち一つでも欠けてしまうと”車”としての役目を果さなくなってしまいますよね。

自動車の”安全性能”を高めるには、この3つの要素全てを磨く必要があります。

各自動車メーカーの技術が年々進化していくのは、まさにこれが要因とも言えますね。

 

ではここから、インプレッサG4の安全性能についてご紹介したいと思います。

 

危険回避性能

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety1.html

自動車を運転していて危険を感じた時、まず最初に操作するのは”ブレーキ”と”ステアリング”だと思います。

危険回避のために急ブレーキをかけたり急ハンドルを切った時、ドライバーの意思通りのクイックな挙動をする車であれば「危険回避性能が高い」と言えるでしょう。

 

これを実現するためにスバルが考えたのは、新しいプラットフォームの採用です。

スバル・グローバルプラットフォーム

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety1.html

インプレッサG4では、この”スバルグローバルプラットフォーム”の採用で車両の剛性を高めることにより、ステアリング操作に対する応答性と、走りの安定性が飛躍的に向上しています。

 

「補強部品によって車両剛性が上がるとステアリング反応性が良くなる」というのは、車のカスタマイズが好きな人には当然の知識ですよね。

しかし車両剛性が挙げすぎても乗り心地の悪い車になってしまう場合もありますので、このように車両設計の段階からしっかりと剛性のバランスを考えて作られていると考えれば、ドライバーの安心感にもつながると思います。

 

予防安全

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety2.html

未然に事故を防ぐ為の装置としては、スバルに限らず「自動ブレーキシステム」がありますね。

インプレッサG4には全車に”EyeSight”が標準搭載されています。

この2台のカメラは常に車両前方を監視して、人の“目”と同じように距離を測ることが可能です。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety2.html

クルマや歩行者、白線などを識別できるほか、広い視野角と視認距離、カラー画像によるブレーキランプの認識など、高い認識性能を誇ります。

前方への衝突を回避するプリクラッシュブレーキ、後退時の衝突を防ぐ後退時自動ブレーキシステム、誤操作による急な飛び出しを防ぐAT誤発進抑制など、あらゆる衝突防止機能を搭載していますよ。

 

衝突安全性能

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade1

事故を未然に防ぐ機能が充実していても、万が一の際の備えも大事ですよね。

インプレッサG4は国内自動車メーカーとして初めて”歩行者保護エアバッグ”を初めて採用し、全車に標準装備しています。

歩行者との衝突を検知した時、ピラーやフロントガラス下部の硬いパーツを覆うようにエアバッグが展開しますので、歩行者の頭部への衝撃を緩和できます。

 

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade1

また、シートベルトとの組み合わせで前席乗員の被害を軽減するデュアルSRSエアバッグはもちろん、側面衝突時に乗員を保護するためのSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグを標準装備しています。

それに加え、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグも採用していますので、計7つのエアバッグで、トップクラスの乗員保護性能も備えていますよ。

 

新型インプレッサG4は運転しやすい?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety0.html

「走る」「曲がる」「止まる」という3つの要素のバランスが取れていると、ドライバーは「運転しやすい」と感じるはずですね。

次はインプレッサG4が「運転しやすい」と言えるかどうか検証してみましょう。

 

視界性能

車を運転しているとき、視界が広ければ広いほど情報も多く入ってきますので安心して運転できますよね。

インプレッサG4のフロントピラー横には、視認性を向上させる大きなクオーターガラスが装備されています。

ダッシュボードの形状も圧迫感が出ないような造形になっていますし、ドライバーからの前方視認性は抜群でしょう。

 

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety0.html

車内を360度見渡しても、ピラー形状の最適化やドアミラー位置の工夫などによって死角を低減していますので、いち早く危険を察知できるほか、コーナリングや右左折、バックをする時も安心して運転できるなど、全方位の優れた視界性能を確保しています。

 

このほか、カーブや交差点を曲がる時にステアリング操作に連動して進行方向の先を照らす”ステアリング連動ヘッドランプ”は夜間の視認性を高めてくれますし、雪道や泥道でも明るさを確保するための”ヘッドランプウォッシャー”も装備していますよ。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety0.html

またクリアビューパックを選択すると、フロントドアガラスへの撥水加工や、曇りや凍結を取り除くヒーテッドドアミラー、ワイパーブレードの凍結を熱線で溶かすフロントワイパーデアイサー、リヤフォグランプもセットになります。

 

取りまわしの良さ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

狭い道路が多い都市部に住む方には、車の取りまわしの良さなどを重視される方も多いでしょう。

小さく小回りの効く車は「運転しやすい」と感じる方が多いと思います。

では「大きい車は運転し辛いか?」と聞かれると、そうでもないと思います。

 

車のカタログの中で、”小回り”を判断する方法があるのをご存知でしょうか?

自動車のカタログの諸元表には、その車のボディサイズと共に”最小回転半径”という項目が必ず記載されているかと思います。

まさにこれが”小回り”を表す数値なのですが、この数値を見ただけでは判断ができない方もたくさんいらっしゃるでしょう。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

筆者の経験からしますと、インプレッサG4の最小回転半径5.3mという数値は、セダン車としては取りまわし抜群であると言えると思います。

スバル車の中で見るとフォレスターやBRZは5.4mですから、大体どの程度なのか想像がつくのではないでしょうか。

実は某コンパクトカーのスポーツグレードでは、最小半径が5.5mという車両もありますので、5.3mという数値は狭い道路でのUターンも楽に出来ると思いますよ。

 

新型インプレッサG4の安全性能まとめ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety0.html

正直に言ってしまうと、ここまでご紹介してきた安全性能は他社の車でもそれほど変わらない物ばかりだと思います。

では、他の自動車メーカーにはない機能は何だろう?と考えた時に挙げられる”スバル車らしい安全性能”をご紹介したいと思います。

 

エンジン形状による安全性

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety3.html

スバルのエンジンが”水平対向エンジン”であることは、多くの方がご存知だと思います。

水平対向エンジンは「重心が低い」ということがメリットとして挙げられますね。

つまりエンジンの形状によってエンジンルームの全高が低くなるので、前面衝突時にはフロア下にもぐり込みやすい構造となっていて衝撃吸収に有利です。

また、エンジンがキャビンに侵入しにくく、乗員に与えるダメージを低減することも期待できます。

 

AWDによる安全性

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety1.html

水平対向エンジンとシンメトリー(左右対称)のパワートレーンで構成されたスバル独自のAWDシステムは、重心位置が低く前後左右の重量バランスに優れ、さまざまな道で安定した走りと深い安心感を提供してくれます。

インプレッサでは、路面や走行状況に応じて前後輪に最適なトルクを配分する”アクティブトルクスプリットAWD”を採用していますので、優れた走行性能を発揮します。

 

また、横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えるVDC(ビークルダイナミクスコントロール)も全車に標準装備しています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety1.html

旋回時のコントロールの限界付近では4輪個別のブレーキ制御などによってドライバーをアシストし、コーナリングや急な危険回避の時の安定性を高めます。

 

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety1.html

2.0i-S EyeSightグレードにのみ標準搭載される”アクティブ・トルク・ベクタリング”は、VDCによって内輪側(2WD車はフロントのみ)にブレーキをかけることで相対的に外輪側の駆動力を大きくし、旋回性能を高めてくれますよ。

「走りを極めると安全になる」

スバルにとって「走り」とは、単に”たのしみ”を提供するものではなく、安全を高めるための重要な要素であるようです。
事故に遭遇した際に安全に回避ができること、どんな天候や路面状況でも普段と同じように安定した走りができることは、”走る・曲がる・止まる車作り”においては永遠の課題かもしれませんね。

いかがでしたか?

「走り」に関しては国内自動車メーカーの中でトップクラスの技術を持つスバルですから、インプレッサG4も安全で快適なドライブが楽しめる車だと思います。

ここでは紹介しきれなかった機能も多数ありますので、是非カタログや販売店の展示車などもチェックしてみてくださいね。

 

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加