スポーツ

スバルインプレッサスポーツvsトヨタアクア徹底比較!どっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


フルモデルチェンジ、マイナーチェンジを行い新型となったスバルの「インプレッサスポーツ」。

トヨタの新型ハイブリッドコンパクトカー「アクア」。

今回はこの2車種を比較していきたいと思います。

【スバル・インプレッサスポーツ】VS【トヨタ・アクア】価格の違い

まずはインプレッサスポーツとトヨタ・アクアの価格を比較してみましょう。

インプレッサスポーツは世界戦略車で海外ユーザーも視野に入れた3ナンバーの車。

対して、アクアはコンパクトカーですが、車格が違うと価格差はどうなるのでしょうか。

【スバルインプレッサスポーツ】
1.6i-L アイサイト・2WD:1,922,400円

引用:httpswww.subaru.jpimprezaimprezadesignexterior.html

【トヨタアクア】
G:2,007,818円

引用:httpstoyota.jpaquaexteriorpadid=ag341_from_aqua_navi_exterior

 

両車でグレードの数に違いがあるので、比較となるとなかなか難しい面はありますので、ここでは装備・燃費と価格のバランスが良いグレードで比較しています。

今回比較した結果、価格差はそこまで大きくないですがインプレッサスポーツのほうが価格は安いです。

ただし、「スバルと言えばAWDだよ」となれば1.6アイサイトでも価格は2,138,400円ですし、更に上のグレードとなると2.0i-Lアイサイトは2,376,000円とはなってきますので、一概にインプレッサスポーツが安いとは言えないです。

また、後述しますがトヨタ・アクアのほうが燃費性能は圧倒的に上ですから、そういった後々の費用も考えるとインプレッサスポーツのほうが割高になる可能性はあります。

単純に車体価格だけで損得を決められるわけではないということは覚えておくといいでしょう。

また、実際に購入するとなるとメーカー提示の価格よりも安く買えることも珍しくありません。

交渉次第では値引きしてもらうことも可能です。

どれぐらいの値引きになるかは、メーカーや車種ごとに異なりますが、現状ではトヨタ・アクアのほうが値引き幅は大きい傾向にあります。

・インプレッサスポーツ
平均値引き相場:165,000円前後

・アクア
平均値引き相場:23万円前後

値引き相場の差は約75,000円。

値引き分も考えると、価格差はつまりますね。

アクアはインプレッサスポーツと違って、マイナーチェンジはしているもののフルモデルチェンジはしていませんし、それなりに時間が経過しているので値引き交渉しやすくなっているのでしょう。

一方、インプレッサスポーツはフルモデルチェンジとマイナーチェンジを経たばかりですから現状では値引き幅は渋いです。

【スバル・インプレッサスポーツ】VS【トヨタ・アクア】大きさの違い

次にスバル・インプレッサスポーツとトヨタ・アクアの大きさを比較してみましょう。

【エクステリアの比較】

引用:httpswww.subaru.jpimprezaimprezadesignexterior.html

スバル・インプレッサスポーツ トヨタ・アクア
全長 4,460mm 4,060mm
全幅 1,775mm 1,715mm
全高 1,480mm 1,500mm
ホイールベース 2,670mm 2,550mm

やはり、インプレッサスポーツのほうが全体的に見て外装は大きめです。

外装の大きさはスバルインプレッサスポーツがトヨタ・アクアよりも全長が400mmも長いです。
全幅はインプレッサスポーツがアクアよりも60mmほど広いです。

全高だけはアクアのほうが上ですが20mm程度ですので、大きな差はありません。

全長に大きな違いがある点に注意が必要です。
インプレッサスポーツは全長が長い上にノーズが長めなので、前方の感覚がつかみにくいです。

運転が苦手という方は、コンパクトカーであるトヨタ・アクアを選ぶほうがいいでしょう

また、ホイールベースもアクアのほうが短いため小回りがきくので、運転しやすいという点でもアクアのほうが上です。

【インテリアの比較】

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

次に内装の比較をしてみましょう。

スバル・インプレッサスポーツ トヨタ・アクア
室内長 2,085mm 2,015mm
室内幅 1,520mm 1,395mm
室内高 1,200mm 1,175mm

やはり車格が違うので、室内サイズも差が出ていますね。
室内長、室内幅、室内高すべてにおいてインプレッサスポーツのほうが上です。

アクアはコンパクトカーという位置づけですから、室内の快適性ではインプレッサスポーツには適うわけがないですね。

ただ、アクアはコンパクトカーの中でも後部座席に十分余裕のるスペースがあります。

引用:httpstoyota.jpaquainteriorspacepadid=ag341_from_aqua_in_space02#

大人でも余裕を持って座ることができます。

コンパクトカーで後部座席に余裕で座れるとなると心配なのがラゲッジスペースですが、アクアはコンパクトカーの中ではラゲッジスペースが広いです。

引用:httpstoyota.jpaquainteriorspacepadid=ag341_from_aqua_in_space02#

アクアのラゲッジスペースは奥行き722mm、開口幅946mm。
実はコンパクトカーの中でラゲッジの奥行きが700mm以上あるのはアクアだけです。

インプレッサスポーツも後部席は広く、ミドルサイズハッチバックで随一の居住性を誇ります。

引用:httpswww.subaru.jpimprezaimprezautilitypackage.html

インプレッサスポーツもアクアも後部座席のシートアレンジは、6:4分割可倒式でラゲッジスペースを自在に拡張可能。
後部座席全て倒せば自転車を乗せることもできます

インプレッサスポーツは荷室にゴルフバッグを最大3個まで積載可能です。開口部も広めなので、荷物の積み下ろしも楽に行える点もありがたいですね。

アクアは、後部座席の片方を倒せばゴルフバッグを2つまで積載できます。
室内の広さが違うので、この点はどうしてもインプレッサスポーツに軍配が上がりますね。

【スバル・インプレッサスポーツ】VS【トヨタ・アクア】燃費はどっちがいい?

引用:httpswww.subaru.jpimprezaimprezadrivingpowerunit.html

最後にインプレッサスポーツとアクアの燃費を比較してみましょう。

・インプレッサスポーツ
カタログ値:15.4~20.4km/L
実燃費:13.31km/L

・アクア
カタログ値:33.8~38.0
実燃費:24.1km/L

比較にならないほどトヨタ・アクアが圧倒的な燃費性能を見せつけていますね

カタログ掲載の燃費と実燃費は大きく異なることが多く、特にハイブリッド車は実燃費との開きが大きいですが、それでもトヨタのアクアのほうがインプレッサスポーツよりも圧倒的に燃費性能が上回っています。

引用:httpstoyota.jpaquaexteriorpadid=ag341_from_aqua_navi_exterior

トヨタのハイブリッド車の技術は世界的にもトップクラスです。
効率的なうえに5ナンバーサイズのコンパクトカーに搭載しているわけですから、燃費が良いのも納得です。

一方、スバルインプレッサスポーツはモデルチェンジにより、燃費性能は上がりましたが、ガソリン車一本です。

ハイブリッドもディーゼルも使うことなく、燃費面では不利とさえ言われる水平対向エンジンを搭載しているわけですから、妥当な数値かなと思います。

ただ、インプレッサスポーツのような水平対向エンジンは高速道路で燃費が伸びるのが特徴でもあります。

比較まとめ

以上スバルインプレッサスポーツとトヨタ・アクアの比較でした。

インプレッサスポーツはフルモデルチェンジとマイナーチェンジを行いましたが、燃費性能は今ひとつと言えます。

ただ、新プラットフォームの車体により走りと質感は高く評価されています。

インプレッサスポーツは3ナンバーということもあり、室内は思っている以上に開放感あふれるサイズ感ですし、AWDにすれば安定感のある走りと悪条件でも走れる安心感も得られます。

燃費面ではアクアに大敗ですが、水平対向エンジンは低重心で魅力的な走りをします。

また、インプレッサスポーツは安全面での評価が高く全車標準装備しているアイサイト3は他メーカーと比較しても格段に上です。

一方、トヨタのアクアはコンパクトカー+ハイブリッドというだけあって驚きの燃費性能を発揮してくれます。

価格はインプレッサスポーツよりも高いですが、燃費の良さを考えればコストパフォマンスは文句なしですし、トータルで考えるとアクアのほうが得かもしれませんね。

また、コンパクトカーは街なかでの使い勝手が抜群です。
室内の居住性はそれほど良くないですが、日々のアシとして使う分には十分なサイズですね。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加