G4

スバルインプレッサG4vsホンダシビックセダン徹底比較!どっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


「インプレッサ」と「シビック」、両者とも名前を聞くとスポーツモデルのイメージがありますよね。

この記事ではそれぞれのセダンモデルである「インプレッサG4」と「シビック セダン」を、デザインやスペック等から徹底比較したいと思います!

新型インプレッサG4 vs シビックセダン  デザイン比較!どっちが大きい?

まずはそれぞれのエクステリアのデザインを見てみましょう。

エクステリアデザインの比較

インプレッサG4

インプレッサG4はビジネスにも使えるシンプルなデザインが好印象ですね。

新型インプレッサは、次世代プラットフォームを搭載するとともに、スバルの次世代デザインフィロソフィーである「Dynamic × Solid」デザインを全面採用した最初のモデルです。
その躍動感と塊感に、インプレッサならではのスポーティさや先進性を融合し、安心と愉しさを表現しているようです。

 

シビックセダン

こちらはスポーティー感の強いデザインですね。

空力性能に有利に働く流麗なルーフラインからつながるトランクリッド後端のスポイラー形状も、空力性能を向上させるとともに、スポーティーセダンらしさを強調しています。

彫刻的なサイドパネルが上質感・先進感を生み出しています。

 

ボディサイズの比較

シビックセダンのほうが全体的に大柄なボディかと思います。

しかしインプレッサG4は全高が高い分だけ大きく見えるかもしれませんので、実際に2台を並べた時の大差はないかと思います。

ホイールベースやトレッド幅を見てもシビックセダンのほうがスポーツ寄りの設計になっていることが読み取れますね。

最小回転半径を見ると取りまわしの良さは変わらないので、どちらも小回りの利く車に仕上がっているでしょう。

 

インテリアの比較

インプレッサG4

シビックセダン

 

外観とは裏腹に、コクピット周りはインプレッサG4の方がスポーティー感を感じるデザインになっているのではないかと思います。

辛口な意見ですが、デジタルメーターを採用してるとはいえ、シビックシリーズはスポーツタイプの車なのにこれほどまでシンプルに纏める必要があったのだろうか?とも思います。

視認性は良いのかもしれませんが、走りを楽しむにはメーター周りが少し賑やかな方が筆者としては好みです。

 

室内サイズの比較

室内の居住性はインプレッサG4の方が広いと言えそうですね。

シビックセダンはスポーツ寄りの車ですから、室内がタイトなのは逆にメリットにもなり得ると思います。

ボディサイズが若干異なりますので、荷室容量はボディの大きさに比例してシビックセダンの方が大きいですが、若干荷室を大きく取る設計になっているかもしれませんね。

 

新型インプレッサG4 vs シビックセダン  装備比較!安全性が高いのはどっち?

では安全性能を比較するために、それぞれの安全性能に関わる標準装備を比較したいと思います。

 

標準装備で比較

公平を期すために、グレードごとの価格を調べました。

比較の方法は数パターン考えられますが、ここでは「同価格で見た時に、どれほど安全性能が充実しているか」という視点で比較していきましょう。

シビックセダンのグレードは1種類のみですので、インプレッサG4の比較対象は”2.0i-S EyeSight”とします。

シビックセダンはターボ車ですが、インプレッサはNA車という取り払えない条件があるのはご了承ください。

 

予防安全

事故を未然に防ぐための装備としての代表格は”自動ブレーキシステム”ですね。

インプレッサG4では”EyeSight”、シビックセダンでは”Honda SENSING”が搭載されています。

そのほか、夜間の視認性を向上させるLEDヘッドライトや車両挙動安定装置は両車種とも標準搭載されているので、装備の充実度は互角と言えるでしょう。

強いて言うならば、ステアリング操作に連動してヘッドランプが進行方向を照射する機能が付いているインプレッサG4の方が夜間の視認性は有利と言えるかもしれませんね。

 

衝突安全性能

万が一事故が起きてしまったときに大事なのは”エアバッグ”ですね。

特徴の異なるエアバッグが採用されていますのでご紹介します。

 

インプレッサG4のSRSエアバッグシステム

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety3.html

前席乗員のデュアルSRSエアバッグはもちろん、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを標準装備しています。

それに加え、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグも採用していますので合計7つの乗員保護エアバッグが搭載されています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety3.html

また、歩行者と衝突した場合に備えて歩行者保護エアバッグも搭載されており、国内自動車メーカーとしては初めての”全車標準搭載”となっています。

 

シビックセダンのSRSエアバッグシステム

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/webcatalog/performance/passive-safety/

運転席用のエアバッグは、様々な体格の乗員への保護性能と衝撃低減を考慮して「早く」「長く」「優しく」膨らむ、Honda独自の「連続容量変化タイプ」です。

もちろんSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグも標準搭載しています。

引用:https://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/webcatalog/performance/passive-safety/

シビックセダンでは歩行者保護機能として、衝突の際にボンネットの後端が持ち上がる”ポップアップフードシステム”を採用していますので、歩行者の頭部への衝撃軽減が期待できます。

 

衝突時はどちらの方が優位か?と聞かれると、運転席ニーエアバッグや歩行者保護エアバッグを搭載しているインプレッサG4の方が優位と言えるでしょう。

新型インプレッサG4 vs シビックセダン  燃費が良いのはどっち?

では、カタログスペックから燃費を比較してみましょう。

エンジンスペック比較

この比較ではエンジン排気量で条件をそろえて比較していきたいと思います。

100ccの差がありますが、シビックセダンはターボ車なので出力が大きいですね。

ただし1.5Lターボのため、最大トルクを見てもいわゆる”どっかんターボ”とは言いにくい数値になっています。

インプレッサG4は自然吸気とCVTによる穏やかかつ伸びやかな加速を楽しむ車種、シビックセダンはVTECターボの力で、2.5LのNAエンジンのような気持ちの良い加速感を低回転から味わうことができると思います。

 

JC08モード燃費比較

燃費を見てみると、シビックセダンはターボ車にも関わらず19.4km/l という良好な結果が出ていることに驚きますね。

燃焼効率の高い直噴システムに加え、高効率な過給を実現する吸排気デュアルVTCや電動ウェイストゲート付ターボチャージャーを採用したことによる恩恵なのでしょうか。

インプレッサG4に関しては、1.6LのNAエンジンとしては標準的かそれ以上の燃費は確保できていると思います。

 

JC08モード燃費ですからどちらも実際の燃費は10~15km/l 程度におさまると思いますが、シビックセダンは加速を楽しむ運転ばかりしていると、燃費が10km/lを下回るようなケースも出てくるかと思いますので要注意ですよ。

どちらの車種とも”速さ”だけを求めて購入する車両では無いと思いますので、価格と性能のバランスに加え、自分の運転スタイルに合う車を選びましょう。

 

いかがでしたか?

ボディサイズは互角のインプレッサG4とシビックセダンですが、少し性格の異なる2車種だったと思います。

スペックを比較したとき、安全性能においてコストパフォーマンスを重視するならインプレッサG4、パワーで選ぶのならシビックセダンでしょう。

カタログだけでなく、ぜひ販売店へ足を運んで実車もチェックしてみてくださいね。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加