G4

インプレッサG4新型の車中泊はどう?荷室や後部座席にも注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


2度目のマイナーチェンジで発売された新型インプレッサG4。

室内や荷室の広さだけでなく、車内泊ができるかどうかまで徹底検証します。

車内泊のおすすめグッズもご紹介しますので、最後までお付き合いくださいね。

 

【新型インプレッサG4】室内空間は?広い?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/platform.html

室内サイズ

室内長:2085mm

室内幅:1520mm

室内高:1200mm

過去の記事でもご紹介したことがあるのですが、実はこの内寸サイズはインプレッサスポーツやXVと一緒です。

スバルのラインナップの中でも、インプレッサG4に比べて大柄な”レガシィB4”との比較は以下のようになっています。

レガシィB4と比較するとインプレッサG4の方が室内長は55mmも長いようです。

スバル車の中でレガシィB4というと、セダンとしては一番広々としているはずです。

インプレッサG4の方が室内幅は25mm狭いとはいえ、十分すぎるほどゆったりとしていると思います。

何故このボディサイズで室内を広く取ることができたのかというと、これもまた色々な記事でご紹介してきた”スバル・グローバルプラットフォーム”が採用されたことが大きな理由です。

 

 

スバル・グローバルプラットフォーム

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/platform.html

 

インプレッサG4では、スバルがこれまでに培ってきた知見や技術力が注ぎ込まれた”スバルグローバルプラットフォーム”を採用しています。

この次世代のプラットフォームは、スバルがこれまで得意としてきた足周りや車体剛性の強化による運動性能の向上のほか、安全性室内の広さまで徹底して作り込まれたものです。

座席前後左右には十分なゆとりが出るように設計されていますので、誰が乗ったとしても快適な空間に仕上がっていると思いますよ。

この次世代プラットフォーム採用による高剛性化と低重心化は、ドライバーだけでなく同乗者にも安心感と快適さを提供してくれるはずですよ。

 

後部座席の広さ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

 

フロントシート後部に圧迫感が出ないような形状を採用していますので、後席乗員の足元もゆとりのある空間になっています。

インプレッサG4はドア開口部上方を大きめに取ることで、乗り降りのしやすさや、大きな荷物の積み下ろしがしやすいよう設計されています。

 

筆者である私が現行レガシィB4に試乗した時の後席幅は、大人3人が乗っても少し余裕がありそうなサイズ感でした。

インプレッサG4はそれより25mmほど横幅が狭いだけですし、3ナンバークラスのワイドボディなのでゆったりと座れることは間違いありませんね。

 

【新型インプレッサG4】荷室容量はどのぐらい?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

荷室サイズ

インプレッサG4ではトランクルームの開口幅や荷室幅を拡張することで荷物の積み降ろしのしやすさが高められ、荷室の容量としては460Lの大容量を確保しています。

実際にどのぐらいの大きさかというと、5名乗車時はゴルフバッグを4個載せることができますし、さらにリヤシートのバックレストを倒すことで、トランクルームを拡張することが可能です。

これによって長い荷物を積載できるほか、床面の段差が少ないため荷物の出し入れもスムーズに行えるよう設計されているようですね。

 

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

上の写真では 左から30L、36L、58Lのキャリーバッグが並べられています。

4人ほどの家族旅行でも、十分に荷物を積むことができる嬉しいサイズですね。

 

では次に、この記事の本題でもある「インプレッサG4で車内泊はできるのか?」という点を検証していきましょう。

 

【新型インプレッサG4】車内泊はできる?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

サイズ的に車内泊は十分可能

インプレッサG4以外のセダン車では、後席が可倒式ではないために車内泊が非常に厳しい車種がたくさんあります。

しかし前述のとおり、インプレッサG4は可倒式のトランクスルーを採用していますので、シートアレンジによって車内泊は可能と思われます。

 

荷室高は492mmですので厚みのある車内泊用マットなどを敷いてしまうと若干圧迫感が出てしまう可能性がありますが、「不可能」というレベルではないと思われます。

倒したシートとフロアの境目に極端な段差が出来るわけでもなさそうですし、フロントシートバックから荷室ボード後端までの長さは1806mmありますので、工夫次第では身長の高い方でも足を延ばして寝ることもできそうですね。

フロア幅は一番狭いホイールハウス間で1100mmありますので、2名が並んでも問題なさそうです。

イメージとしては「シングルベッドに2名で寝る」という感じになると思います。

さすがに大型のツーリングワゴンやSUVなどと比べてしまうと快適性は負けてしまうかもしれませんが、ボディサイズの割には荷室と室内空間をこれだけ広く取れているというのは他のセダンにはないメリットにもなるかと思います。

 

車内泊におすすめのグッズ

疲れを取り切れずにいると、楽しいはずのドライブも楽しめなくなってしまいますよね。

快適な車中泊にするためには、性能や耐久性がしっかりしている車中泊グッズは欠かせないでしょう。

特に荷室で寝る場合はシュラフを使用するとフロアの硬さもさほど気にならないかと思いますが、暑い夏には少々つらいものがあると思います。

調べてみると、汎用のエアーマットを販売している所がたくさんあるようですね。

 

ONLY STYLE(オンリースタイル)車中泊専用マット

引用:https://item.rakuten.co.jp/onlystyle/

インプレッサG4で車内泊をするときに荷室高の圧迫感を避けるためには、やはり必要最低限の厚みのマットを選ぶのがオススメです。

こちらのメーカーのマットは口コミも多く、使用感も非常に良いようですね。

厚みがありすぎると他の荷物が積めなくなってしまいますので、「厚すぎず、薄すぎず」という使い勝手のいい商品のようです。

 

車内泊は短時間でどれだけ疲れを回復できるかが勝負になりますので、長時間のドライブで疲れた体を癒すには非常におすすめのマットですよ。

 

また、サンシェードがあると遮光・遮熱ができるので便利です。

引用:https://item.rakuten.co.jp/californiacustom/k0978/

車内泊をするときはどうしても周囲の視線が気になったりするものですが、遮光素材の物であれば周囲からの覗き込みをある程度シャットアウトできますので、セキュリティの面でも非常におすすめです。

こちらはフロントガラス用のみの販売ですが、車種専用設計なのでサイズが合わずに固定が上手くいかなかったり隙間ができてしまうようなこともありません。

少し高めの価格設定ではありますが、車内泊の時だけでなく真夏の青空駐車の際にもかつやくするので大変便利だと思いますよ。

 

また、車中泊では空調はどうしたらいいの?と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

実際、夏場に窓を開けて寝てしまうと虫が入ってきたりすることもあります。

しかしそうは言っても窓を閉め切ると苦しいですし、エアコンや送風をしたまま寝るのはバッテリーあがりの原因になりますね。

 

引用:http://blog.livedoor.jp/cn221283/archives/51159154.html

こういった場合は小さめの扇風機を用意しておくと便利ですよ。

インプレッサG4には2.1Aまでの電源を取ることができるUSBソケットが標準装備されていますので、デスク上で使用するような消費電力の小さいミニ扇風機を一つ用意しておくと少しでも快適になるかもしれませんね。

大容量のモバイルバッテリーに繋いで使用するというのも、バッテリーあがりの対策には有効です。

 

 

いかがでしたか?

インプレッサG4で車内泊をされている方の中には、フロントシートバックを最大に倒して寝ている方もいるようです。

しかし荷室サイズを見てみると大人でも十分に寝ることが出来そうなサイズですから、これを利用しないのは勿体ないと思います。

車内泊をするにはそれなりのグッズも必要ですが、一度購入すれば長く使えるようなクオリティのものがたくさん販売されていますので、是非ご自分でも検索をしてみてください。

きっとあなたにピッタリの商品が見つかるはずですよ。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加