Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keitrend/kkimpreza.work/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
カスタム

インプレッサスポーツ新型の車中泊は?後部座席や荷室にも注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


コンパクトなボディでスポーティな走りを実現するスバル・インプレッサスポーツ。

広いラゲッジスペースはアウトドア派の心をがっちりキャッチしているようです。

インプレッサスポーツで車中泊は可能か?

確認していきましょう。

 

インプレッサスポーツのラゲッジスペースはどんな広さ?

引用元:https://www.subaru.jp

まずはインプレッサスポーツのラゲッジスペースの広さがどれくらいなのか。

他車との比較も含めて見ていきましょう。

コンパクトながら、なかなかの使い勝手ですよ。

 

インプレッサスポーツの広さは?

引用元:https://www.subaru.jp

インプレッサスポーツの外寸は全長 4,460 mm x 全幅 1,775 mm x 全高 1,480 mm。

いわゆるコンパクトカーなサイズですね。

老若男女問わず取り回しがしやすい大きさです。

これに対して室内サイズを見ていきましょう。

室内空間は室内長2,085mm×室内幅1,520mm×室内高1,200mmとなっています。

特徴的な部分としては高さですね。全体的に低いとお思いですが、実際に乗ってみると圧迫感は感じないと思います。

スバルは走りを重視していますので、安定走行のために無駄な高さは作りません。

そして、これは水平対向エンジンによりコンパクトに作られたパワートレインを持つスバルだからこそ可能な開発と言えます。

そんなスバル・インプレッサスポーツのラゲッジスペースは

通常時:高さ760mm×奥行き800mm×幅1,039mm

後席格納時:高さ760mm×奥行き1750mm×幅1,039mm

となっております。

最大奥行きが1750mmあるので、なんとか横になれそうです。

 

ライバル車と比較

引用元:http://www.mazda.co.jp

次にライバル車との比較をしていきましょう。

ライバル車の定義には様々あるかもしれませんが、ここではトヨタ・カローラフィールダーとマツダ・アクセラスポーツを見てみます。

同じく外寸から比較すると、

インプレッサスポーツ:全長 4,460 mm x 全幅 1,775 mm x 全高 1,480 mm

カローラフィールダー:全長 4,400 mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,465 mm

アクセラスポーツ:全長 4,470 mm x 全幅 1,795 mm x 全高 1,470 mm

外寸はほぼ一緒ですね。室内を見てみます。

インプレッサスポーツ:室内長2,085mm×室内幅1,520mm×室内高1,200mm

カローラフィールダー:室内長1,945mm×室内幅1,430mm×室内高1,200mm

アクセラスポーツ:室内長1,845mm×室内幅1,505mm×室内高1,170mm

室内サイズだと、ほんのりインプレッサスポーツが広さを見せてきました。

ラゲッジスペースの広さをみていきましょう。

<通常時>

インプレッサスポーツ:高さ760mm×奥行き800mm×幅1,039mm

カローラフィールダー:高さ795mm×奥行き970mm×幅980mm

アクセラスポーツ:高さ730mm×奥行き730mm×幅1,022mm

<後席格納時>

インプレッサスポーツ:高さ760mm×奥行き1750mm×幅1,039mm

カローラフィールダー:高さ795mm×奥行き1,785mm×幅980mm

アクセラスポーツ:高さ730mm×奥行き1,611mm×幅1,022mm

一番はカローラフィールダーですね。インプレッサスポーツも幅に余裕を感じます。

 

車中泊におすすめのオプション

引用元:https://www.subaru.jp

次に車中泊に必要なものを考えていきましょう。

車中泊をする場面であったら良いオプションは??

そこらへんを見ていきましょう。

 

カーゴトレイマットでアウトドアモードに

引用元:https://www.subaru.jp

スバル・インプレッサスポーツでは「カーゴトレイマット」というオプションがあります。

このオプションはラゲッジスペースがすっかり防水仕様になりますので、布団を敷くにもやりやすいですし、畳んでアウトドアに興じることも容易です。

凹凸がある程度軽減されますので、車中泊に良いですね。

商品の説明を紹介すると、「水のこぼれにくい縁付きのカーゴトレーマットは、6:4分割リヤシートにも対応し、全長の長い濡れ物も安心。
ゴム臭のしない軽量樹脂製のトレーマットとともに、アウトドアや雪国の定番アイテムです。」とあり、樹脂特有の優しいクッション性がおすすめです。

雨の日にも活躍しますよ。

 

トノカバーを裏技仕様

引用元:https://www.subaru.jp

インプレッサスポーツでオプション販売されているトノカバー。

こちらをつけることにより、荷物を視界から隠して、スッキリ見せることができます。

それ以外にも意外な技が。

こちらを装着することで、就寝時に軽いものを頭上に置いておくことができ、限りあるスペースを有効に使うことが可能になります。

 

インプレッサスポーツは他にも必要なUSB電源などは最初からきっちりと装備されています。ですので、車中泊の電気事情も安心。

こういう装備をオプションにすることなく最初からきっちりと装備しているところもスバルマインドの一つです。

 

車中泊を快適にするグッズは?

引用元:http://syatyuhaku.com

オプション類の他にも車中泊を快適にするグッズなどは豊富にあります。

これらをきっちりと快適に過ごしていただきたいですね。

ぜひとも、そんなオススメグッズを紹介していきます。

 

快適おすすめ車中泊にぴったりなグッズ

引用元:https://camphack.nap-camp.com

では、まずは車中泊グッズについてご紹介します。

すでにマットやカーテンについてはご紹介しています。ここら辺は快適に過ごす上ではマストグッズとして捉えていただければと思います。

その他、いくつかのグッズをご紹介します。

LEDランタン:車の室内ライトを使うのはバッテリー上もあまりお勧めできないので、簡単な乾電池式のLEDランタンを準備した方が良いでしょう。

モバイルバッテリー:これも充電式のマバイルバッテリーを準備して、走行中に充電しておき、就寝中はここからUSBで給電する方法をお勧めします。

車用網戸:夏場などは暑いので窓を開けておきたいが、一方で虫が入ると困る場合も。ドアにさっとかけるタイプの網戸が便利ですよ。

他にも色々とグッズがあります。快適グッズでさらに車中泊を極めてください。

 

グッズだけじゃない、お勧め車中泊ポイント

引用元:https://www.goo.ne.jp

車中泊を楽しむには、〝車中泊に向いている車〟+〝車中泊を快適にするグッズ〟+〝車中泊に向いた場所〟の三要素が揃うと良いと思います。そこで、車中泊にお勧めな場所についてご紹介してみます。

サービスエリア:最近のサービスエリアは様々な設備が揃っていますし、なんといってもトイレなどの水回りが揃っていることが良いです。

道の駅:全国の道の駅も水回り設備が揃っているのでお勧めです。なお、割と夜間はお店が閉まっていることが多いのでご注意ください。

24時間営業のスパ:地方などであれば、わりと駐車しても差し支えないと思います。車中泊からのさっと朝風呂という望ましい流れがあります。トイレの有無をしっかりご確認ください。

個人的には、朝早くから営業が開始する道の駅というのがお勧めパターンでしょうか。
ぜひともご自身のお気に入りスポットを探してくださいね。

 

インプレッサスポーツ車中泊に関するまとめ

引用元:https://www.subaru.jp

以上、インプレッサスポーツでの車中泊についてまとめてみましたがいかがでしたか。

車中泊に特化したミニバンモデルに比べて、インプレッサスポーツのようなハッチバック系の車はどうしても室内スペースとしては劣ってしまいます。

しかし、その一方で、走行時の快適性などを見ると車高の高いミニバン系とは比較するまでもなく断然ハッチバック系は快適な走行を楽しめることができます。

これは現地までのロングドライビングに影響しますね。

そのような全体感を見つつ、ご自身の最適なカーライフに合わせた1台をピックアップしていただければと思います。

そのように考えた時に、スバルのインプレッサスポーツ、あると思います。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加