Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keitrend/kkimpreza.work/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
スポーツ

新型インプレッサスポーツの内側!内装や内寸、内装色についても紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


新型インプレッサスポーツの内装や内寸、内装色はどのような仕上がりなのでしょうか?

今回は新型インプレッサスポーツの内装・インパネのデザインをご紹介します。

また、インプレッサスポーツはC型へマイナーチェンジが発表されていますので、マイナーチェンジ後の内装の予想もしていきたいと思います。

新型インプレッサの内装を解説

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

新型インプレッサの内装は、おしゃれというよりは無骨でスポーティな印象です。

それでいて機能的で使いやすいとユーザーから高い評価を得ています。

ドライバーが運転しやすいだけでなく、同乗者が快適に過ごせるために多様なアイテムが装備されています。

わかりやすさにこだわったインターフェースは、運転中でも視線を移動させずに直感的に使用することができるように設計されています。

疲れにくさ、使いやすさを基本設計に織り込むことで安全性も高めているのもポイントです。

内装の質感が大幅にアップ

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

新型インプレッサスポーツのインテリアで注目したいのがマテリアルの使い方です。

インパネ、ダッシュボード、ドア内張り、センターコンソールなど内装の質感は先代インプレッサスポーツよりも大幅にアップしています。

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

ダッシュボードはシボ加工されたソフトパッドを採用。

斜めに入ったシルバーステッチがいいアクセントになっています。

質感が向上しデザインが立体的になっているので、先代インプレッサスポーツとは雰囲気が全く違うように感じます。

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

センターコンソール部分にもソフトパッドとシルバーステッチを採用しています。

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

新型インプレッサのインパネ内装で印象的なのがダークシルバーカラーの加飾パネルです。

インパクトのあるデザインに仕上がっていますよね。

先代インプレッサスポーツでもダークシルバーカラーを使用されていましたが、新型インプレッサスポーツではドア内側パネルにも採用。

これにより統一感が増し、より存在感がアップしています。

ステアリング&セレクトレバーは本皮巻で上質に

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

2.0i-L EyeSight2.0i-S EyeSightに標準装備となっているのが本皮巻ステアリングホイール。

上質な見た目と手に馴染む触感がたまりません。

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

セレクトレバーも本皮巻です。

シフトブーツは合成皮革となります。

運転中の情報把握に優れたコックピット

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

新型インプレッサスポーツの特徴とも言えるのが、インパネ上部に設置されたマルチファンクションディスプレイです。

先進安全技術やヘッドライトの作動状況、燃費情報などインプレッサスポーツのさまざまな情報がディスプレイに表示されます。

直感的に把握できるので運転中でも視認しやすいです。

新型インプレッサスポーツの内寸

新型インプレッサスポーツの室内サイズはどのように変わったのでしょうか?

先代インプレッサスポーツと内寸を比較してみましょう。

新型

旧型

室内長

4460mm

4420mm

室内幅

1775mm

1740mm

室内高

1480mm

1465mm

新型インプレッサスポーツは旧型に比べて40mm長く35mm広くなっています。

この数字からもわかるように、新型インプレッサスポーツはゆとりある居住空間を実現しています。

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

また注目したいのが後部席の足元空間の拡大です。

新型インプレッサスポーツはホイールベースが25mmも拡大され、その分が後部席の足元空間に振り分けられているのです。

「たった25mmでしょ!?」と思うかもしれませんが、これが意外と大きな差になります。

大人4人が乗車しても、後部席の乗員の足元は握りこぶし2つ以上の空間できます。

大人でも後部席を快適に座れるのはありがたいですよね。

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

新型インプレッサスポーツのカーゴルームは、乗車する人の生活スタイルに寄り添った設計です。

様々なシーンに対応でき、乗員数と積載量にあわせてシートアレンジ可能なので荷室にはたっぷり積めます。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

64分割可倒式リアシートで、荷物に合わせて荷室を拡張できます。

上記のように大きな荷物でも、開口部を広くとっているので積み下ろしもスムーズです。

新型インプレッサスポーツの内装色

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

新型インプレッサスポーツの内装色は落ち着いたブラック基調で統一されています。

ぱっと見た感じでは地味に思えますが、ところどころにシルバー加飾されているのでスポーティな印象です。

また、グレードによってシート材質とパネルタイプが異なります。

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade1

引用:https//www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade1

  • 1.6モデル:シート材質はトリコット/トリコット、パネルタイプはカーボン調
  • 2.0Lモデル:シート材質はファブリック/トリコット、パネルタイプはダークシルバー金属調

さらに、全グレードにブラックレザーセレクションがオプションで用意されています。

これを選択すると黒の本革シートに変わります。

インプレッサスポーツが201811月にマイナーチェンジ!内装の変更点は?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

スバルがインプレッサスポーツのマイナーチェンジを発表しました。

新型インプレッサスポーツのC型は2018112日に発売を予定しています。

マイナーチェンジによって内装はどのように変わるのか気になるところかと思いますが、内装に関してはさほど大きな変更はないと噂されています。

現時点で噂されている変更点についてまとめると・・・

  • インパネ
  • センターコンソール
  • エアコンパネル
  • ドアスイッチパネル
  • ファブリックシート装着車にシートヒーター

このようになっています。

これまでシートヒーターは本革シート装着者にのみ設定されていましたが、マイナーチェンジ後はファブリックシート装着者にも装備されるとの噂があがっています。

レヴォーグのマイナーチェンジ時には、エントリーグレードを除く全車に標準装備されていたので、新型インプレッサスポーツも同様になるのではないでしょうか。

ここまで紹介したとおり、新型インプレッサスポーツの内装は現状でも十分満足できるものに仕上がっています。

マイナーチェンジによって機能性と快適性がさらにあがると予想して良いでしょう。

リアシートの使い勝手がアップする?

引用:https//www.subaru.jp/levorg/levorg/utility/package.html

新型レヴォーグで採用された424分割可倒式リアシートが、新型インプレッサスポーツにも採用されるのではないかと予想しています。

424分割可倒式リアシートなら、乗車定員と積載する荷物に応じてシートアレンジを買えることが可能です。

たとえば、上記のようにリアシートに2人乗った状態でもスキー板などの細長い長尺物を積載することができます。

シートアレンジの幅が広がれば、家族で出かける際も対応できてより利用シーンが広がりますね。

内装まとめ

新型インプレッサスポーツの内装をまとめると

  • 上質でスポーティな印象
  • 機能的で運転中でも操作しやすい
  • 居住空間がUP、後部席でも快適
  • カーゴルームの拡大とシートアレンジで文句なし積載量

試乗の際は走行性のだけでなく内装の質感や機能美にも触れてくださいね。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加