G4

インプレッサG4新型のオイル!オイル交換や量、役割についても紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


今回はスバルが製造、販売する新型インプレッサG4のオイル交換について紹介していきたいと思います。

車を購入し乗っていればメンテナンスとして必要不可欠な作業、オイル交換。

そんなオイル交換の時期やオイルの価格、交換代などを紹介します。

オイル交換って?

https://picup.allabout.co.jp/a573/

エンジンは車を動かすためには絶対に必要なもので、人でいうと心臓のようなものです。

そしてエンジンオイルはエンジンをスムーズに動かすための潤滑油であり、人でいうと血液のようなものです。

一定期間車を使い続ければエンジンオイルも汚れていきます。

なので定期的にオイルをきれいなものに入れ替えてスムーズで力強いエンジン性能を発揮できるようにしましょう。

オイル交換をしないとどうなる?

https://kuruma-news.jp/photo/92020

エンジンオイルが劣化すると、オイル本来の目的が果たせなくなり、エンジンに負荷をかけ、傷つけてしまうことになります。

実際にどのようなことが起こるのか紹介していきます。

車のパワー低下、燃費の悪化などが起こる。

オイルの劣化で役割を果たせなくなると、エンジンも正常な性能を発揮できなくなります。

普段運転していれば気づく人は少ないかもしれませんが、体感できるほどのパワーの低下や燃費の低下が

見られる場合、修理が必要になり修理費が必要になってしまいます。

 

エンジン内部の部品の磨耗、損傷。

エンジン内部にあるピストンリングやステムシールなどの部品はオイル交換を定期的に行えば磨耗していくことはありません。

しかし、オイル交換をしないことで磨耗、損傷により交換しなければならなくなると、高額な修理費が必要になります。

 

エンジンの焼き付き

オイルの劣化が進むとオイルの量も減っていきます。

エンジンはガソリンを燃焼させるため非常に高温になります。

しかし、ラジエーター同様に冷却の役割をもつエンジンオイルが仕事をしなくなると、エンジンが高温になりすぎ、エンジンの出力低下、焼き付いたりと故障の原因につながります。

一度焼き付くと修理できない場合もありエンジンの乗せ替えになったります。

オイルの役割って?

エンジンオイルは車の血液で、エンジンを守りエンジンの性能を引き出すために必要不可欠です。

そのエンジンオイルには大きく分けて5つの役割があるとされています。

 

https://www.sunoco.co.jp/product/automotive_lube/whats_oil/03/

1.潤滑作用

シリンダーとピストンや軸受けのベアリングなど金属の触れ合う部分に入り込んで、油膜をつくり金属同士の摩擦を減らすことで、エンジンの動きを滑らかにします。

2.密封作用

シリンダーとピストンリングの隙間をふさいで燃焼室からのガス漏れを防ぎます。

3.冷却作用

燃焼室の温度は2000~3000度にも達します。

エンジン内の熱を冷却、吸収発散し高温になることで起こる焼き付きを防止します。

4.洗浄分散作用

エンジン内部に発生するスラッジや煤などの悪影響を及ぼす不純物を吸収し油中に分散させることで、エンジン内部ををキレイに保ちます。

5.防腐作用
燃焼によって発生する水分や空気など錆の原因となる成分を金属に触れさせないようにします。

 

オイルの選び方 種類や粘度について

エンジンオイルには数多くの種類があります。

オイルの粘度がサラサラなものや硬めのもの、特別に合成された高性能なものなど多く存在します。

そして自分が乗っている車に最適なオイルを見つけるには、新車状態で入っているオイルの粘度を知る必要があります。

それを基準にして車の状況や目的に合わせてオイルを選びます。

1.オイル粘度の確認
新車時の車にはメーカーが推奨する粘度のオイルが入っています。

車に付属している取扱説明書等で確認できます。

今回はスバルの新型インプレッサG4のオイルを調べてみます。

https://www.hks-power.co.jp/product/oil/list/subaru.html

この表を見ると純正の粘度が0W-20となっています。

0W-20のオイルはエコカー向けに開発された超低粘度油で、燃費向上を目的にオイルの粘度抵抗を低減させたサラサラのエンジンオイルです。

0W-20のWとはWinterの意味で、0Wとは低温性能を表しています。

後半の数字20は高温時のオイルの粘度を表します。

0Wはマイナス35℃まで使用可能。

例えば5Wだとマイナス30℃まで使用可能です。

インプレッサのオイル交換の際は純正粘度のオイルを使いましょう。

交換時期は?

スバル車の場合、ほぼすべての車に水平対向エンジンが搭載されており、これはよく見られる直列エンジンや高級車に多いV型エンジンとは違い、構造が複雑で特殊なエンジンです。

メーカーの推奨するオイル交換の走行距離は5,000kmとなっていて、他のエンジンと比べても大きな差はありません。

その他距離以外にも、一年ごとのオイル交換をメーカーは推奨しています。

オイルの量を確認するには?

http://www.kanagawa-subaru.com/blog/archives/7277

オイルの量を定期的に確認するのも大事な作業で、オイルの残量を確認するには、オイルレベルゲージを使用します。

オイルレベルゲージの見方をご紹介したいと思います。

まず、タオルやティッシュペーパーなどオイルをふき取れるものを用意してください。

 

1.車を平坦な場所に停車してエンジンを切る。

オイルレベルゲージは平坦な場所での使用を前提としており、傾斜のある場所では正確なデータは計ることができません。

そして、平坦な場所に停車したらオイルがエンジンの最下部にあるオイルパンに戻るのを待ちます。

だいたい1分ほど待ちましょう。

 

2.ボンネットをあけてオイルレベルゲージを見つけましょう。

基本的に手の届きやすい位置にあり、オレンジ色をしている場合が多いです。

 

3.オイルレベルゲージについたオイルをふき取りながら引き抜く。

一度付着したオイルをすべてふき取ります。

 

4.再び差し込む。

しっかりと奥まで差し込みましょう。

 

5.再び引き抜きオイルレベルをチェックする。

オイルレベルゲージには基本的に2つ穴があいていて、上が上限(UPPER)で下が下限(LOWER)です。

付着したオイルの跡が、上限を超えていれば入れすぎ、下限より少なければ、足りないということになります。

中間にいれば正常と言えます。

 

6.オイルレベルゲージを再び差し込む。

最後はしっかりとオイルレベルゲージを差込み、作業終了となります。

オイルの量は?

https://www.hks-power.co.jp/product/oil/list/subaru.html

これも車の取扱説明書に記載があります。

スバル車の場合普通車は4~5L、軽自動車は2~3Lが平均的です。

新型インプレッサG4の場合4.2Lでフィルター交換も行うと4.4L必要だと言うことがわかりますね。

オイル交換での注意点として、オイル交換2回につき1回はオイルフィルターも交換するようにしましょう。

オイルフィルターは、エンジンオイルに含まれる不純物を取り除き、エンジンの動きを円滑にするためのものです。

ろ過するためのろ過紙がはいっていて、オイルエレメントとも呼ばれます。

オイルフィルターを交換せずにいると、スラッジがたまっていきエンジンの磨耗や焼き付けにつながります。

エンジンを長持ちさせるためにもフィルターの交換も行いましょう。

またオイルフィルターのみにかかる費用は300~2,000円ほどで、ディーラーやカー用品店で交換してもらう場合、オイル代と工費で6,000~10,000円ほどかかると思われます。

分からない場合はディーラーなどに問い合わせて見ましょう。

交換費用ってどのくらいかかるの?

http://www.kanagawa-subaru.com/blog/archives/7277

スバルのディーラーで交換し、スバル純正のSNオイル0W-20で交換する場合は交換費用込みで、

4気筒普通車 5,500円
6気筒普通車 6,000円
軽自動車   3,200円

このようになっています。

スバルで取り扱うオイルは水平対向エンジン向けに作られているのでおすすめです。

カー用品店での交換の場合、

ディーラーに比べて安くオイル交換を行うことができます。

またオイル代と交換費用は別になります。

オイル交換にある程度知識があり費用を安く抑えたい方にはこちらがおすすめですね。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加