Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keitrend/kkimpreza.work/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
G4

インプレッサG4新型のスペック!乗り心地や加速性能もお届け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


201811月から販売が開始されるスバルの新型インプレッサG4

2回目のマイナーチェンジですが、以前との違いはどこにあるのでしょうか?

スペックや乗り心地、加速性能などで詳しく見ていきましょう。

新型インプレッサG4!スペックは?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

グレードごとのスペック

新型インプレッサG4のグレードは大きく分けて3種類あります。

1.6i-L EyeSight

2.0i-L EyeSight

2.0i-S EyeSight

廉価グレードの“1.6i-L EyeSight”は、1.6LDOHCエンジンです。

2.0iグレードの2種は2.0Lの直噴エンジンを搭載し、上級装備を搭載しています。

いずれのグレードもWDAWD(常時前輪駆動)の設定が用意されています。

乗り出し価格は1.6L2WD1,944,000円からとなっています。

全グレードでEyesightのほか、運転席SRSニーエアバッグや歩行者保護エアバッグが標準搭載されています。

以下、主要なスペックを表にまとめています。

車種

1.6i-L EyeSight

2.0i-L EyeSight

2.0i-S EyeSight

寸法・重量

全長×全幅×全高

4625×1775×1455

車両重量 (kg) [WD/AWD]

1300 [1360]

1320 [1370]

1350 [1400]

ホイールベース

2670

トレッド[前後] (mm)

1540/1545

最低地上高 (mm)

130

乗車定員

5

エンジン

型式

FB16

FB20

種類

1.6L DOHC

2.0L DOHC 直噴

総排気量 (cc)

1599

1995

トランスミッション

変速機形式

リニアトロニック(マニュアルモード付)


ツーリングワゴンタイプのインプレッサSPORTよりも若干全長が大きいぐらいで、大差はありません。ボディサイズ

セダンとしてはちょうどいい大きさではないでしょうか。

スバルのセダンといえばインプレッサG4の他、レガシィB4WRX S4等がありますね。

サイズ感としてはレガシィB4よりも全体的にコンパクトで、WRX S4と同等のサイズですが全幅が若干小さくなっています。

WRX S4はどちらかというとスポーツ寄りのモデルになりますので、街乗りにちょうどいいコンフォートタイプのセダンというと、このインプレッサG4になるのではないかと思いますよ。

各グレードの燃費

インプレッサG4では燃費に大きく貢献するアイドリングストップやCVTなどの装備が搭載されています。

各グレードにおける車両重量と燃費は以下の通りです。

 

グレード

燃費 [WD/AWD]km/l

1.6i-L EyeSight

18.2 / 17.0

2.0i-L EyeSight

17.0 / 16.8

2.0i-S EyeSight

16.0 / 15.8

平成29年より表示が始まっている“WLTCモード燃費ではありませんので実際の燃費は上記の数値より落ちると思いますが、2.0i-S EyeSightの4WD車でも街乗りでは10km/l以上はの走行が可能と思われます。ここで記載している燃費の数値は“JC08モードで測定している燃費です。

同水準のエンジンを搭載した他車と比較しても、標準的な燃費と同等かそれ以上の数値は確保できていると思います。

ハイブリッド車と比較してしまうと見劣りするかもしれませんが、とりわけ車重が重いというわけでもないですし、余程のことがない限り「燃費が悪い」と気にすることはなさそうですね。

新型インプレッサG4!乗り心地は?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

「ちょうどいい大きさ」を意識したサイズ感のインプレッサG4

運転のしやすさや室内の広さなど、乗り心地はどうなのか見ていきましょう。

新プラットフォームを採用

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/platform.html

インプレッサG4にはSUBARUの新たなプラットフォームが採用されています。

スバルグローバルプラットフォームという、それまでスバルが培ってきた知見や技術力が注ぎ込まれた次世代のプラットフォームです。

この新たなプラットフォームによって得られるメリットの一つが「走りの質感の高さ」です。

これまでスバルは、他社と比較すると足回りのつくり込みを非常に得意としてきました。

「走る・曲がる・止まる」という車に必要な要素を徹底的に追求してきた結果、スバリストと呼ばれるような多くのファンを獲得してきました。

その技術にさらに磨きをかけ、WRXBRZといったスポーツタイプの車だけでなく、このインプレッサG4にもその技術が導入されていることには感心しますね。

 

ステアリング操作に機敏に反応したり、ステアリングの切増しや切り戻しなどの修正舵が減るよう考慮されているので、ドライバーは走りの楽しさが実感できるはずです。

スペックから見ると最小回転係数も“5.3”となっており、都市部の狭い道でのUターンや駐車場での取りまわしが抜群と言えるでしょう

このように日本の交通環境に配慮されているのも魅力ですね。

また、ユーザーからはとても評価の高い車体剛性と水平対向エンジンによる重心の低さ。

新しいスバルグローバルプラットフォムは、徹底した高剛性化低重心化によって総合安全性を飛躍的に高めたようです。

全路面走行でも安定した走りを実現するAWD技術や、不快な振動・騒音を抑える技術により、ドライバーだけでなく同乗者の快適性も確保されています。

室内のサイズも広い!

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

新たなプラットフォームでは室内の広さも十分に考慮されており、前席の左右間隔と肩回りに十分な余裕があるようですね。

インプレッサG4のカタログにおける室内サイズは室内長2085mm×室内幅1520mm×室内高1200mmとなっています。

フロントシートバックの形状も工夫されていて、前席はもちろんのこと、後席の足元も広々としています。

またドアの上方が大きく開くよう設計されており、スムーズな乗り降りが可能です。

前後とも開口部が広いので、大きな荷物やチャイルドシートの積み下ろしなどはとても楽かもしれませんね。

トランクルームも460Lという大容量が確保されていて標準的なサイズのゴルフバッグが4個載せられるサイズになっていますし、リヤシートのバッグレストを倒すことで長尺の荷物も積載可能です。

新型インプレッサG4!加速は?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

「インプレッサ」の名前を持つG4.

スバル車の中ではNo.1のスポーツ性能を持つ「WRX」も、かつては「インプレッサ WRX」という車名で販売されていましたね。

では、インプレッサG4の運動性能はどうでしょうか?

エンジンやトランスミッションを参考に徹底解説したいと思います。

ンジンスペックから見る「速さ」

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/powerunit.html

インプレッサG4に搭載されるエンジンは、1.6L2.0L直噴エンジンの2種類。

1.6Lエンジンである“FB16”115馬力となっています。

一方、2.0L直噴エンジンである“FB20”154馬力です。

ここで注意して欲しいのは、「高馬力だから早い」とは一概には言えないことです。

一般的に加速が速い・遅いというのは最大トルクを見るのが正解と言えるでしょう。

自動車カタログにおける最大トルクは [Nmkgfm/rpm]という単位が書かれています。

もちろんトルクの数値は大きければ大きいほど瞬発力のある加速性能を持ち「速い」と言われるわけです。

インプレッサG4の最大トルクは、カタログ上では以下のように記載があります。

FB1614815.1kgfm/3600rpm

FB2019620.0kgfm/4000rpm

この表記だけ見てもピンとこない方も多いと思います。

速いのか遅いのか簡単に言うと、ボディサイズ同様に「快適に走るにはちょうどいい」といえる数値ではないでしょうか。

スバルにはこのインプレッサG4を遥かに超える最大トルクを叩き出す車種がたくさんあります。

WRX STi Type S」になると422Nm(43.0kgfm)/4400rpmですから、シートに押し付けられるようなとてつもない加速性能を持ちます。

WRXはツインスクロールターボなのでこのような性能を持ちますが、インプレッサG4NA車ですので残念ながらそこまでの加速性能はありません。

しかし「遅いのか?」と聞かれると、そうでもなさそうですよ。

なぜなら、この車にはトランスミッションにも工夫が施されているからです。

優れたトランスミッション

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/powerunit.html

この記事のスペック表にも少しだけ登場しましたが、インプレッサG4にはリニアトロニックと呼ばれるトランスミッションが搭載されています。

このトランスミッションを採用することでのメリットは、リニアな加速感が得られるほか、優れた燃費性能を持つことです。

無段変速ではありますが、パドルシフトが付いていてマニュアルモードへの切り替えも可能ですので、スポーツ走行も可能です。

さらに、アクセルの開度が高開度になるとステップ変速に切り替わる「オートステップ変速」というシステムも搭載されています。

このように「走ることへの拘り」を徹底しているのはさすがスバル車ですね。

 

 

いかがでしたか?

ボディサイズや加速性能が「ちょうどいい」新型インプレッサG4ですが、「もっと快適に・もっと安全に」というユーザーの気持ちにも応えられる車だと思います。

気になる方はぜひお近くの販売店で実車もチェックしてみてくださいね。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加