Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keitrend/kkimpreza.work/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
カスタム

インプレッサスポーツ新型のタイヤは?サイズや交換方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


新型インプレッサスポーツの走りをサポートしてくれるタイヤとホイール。

タイヤのサイズや見方がいまいちわ買わないという方は意外と多いのではないでしょうあ?

今回は新型インプレッサスポーツのタイヤサイズについて解説していきます。

新型インプレッサスポーツのタイヤサイズ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

新型インプレッサスポーツのタイヤサイズについて見てみましょう。

  • 1.6i-L EyeSight:205/55R16
  • 2.0i-L EyeSight:205/50R17
  • 2.0i-S EyeSight:225/40R18

こちらが新型インプレッサスポーツのタイヤサイズです。

ちなみに、いずれのグレードも純正のアルミホイールを装着しています。

  • 1.6i-L EyeSight:16インチ(ブラックハイラスター塗装) 
  • 2.0i-L EyeSight:17インチ(切削光輝) 
  • 2.0i-S EyeSight:18インチ(切削光輝)

新型インプレッサスポーツの純正タイヤのメーカーはブリヂストンの「TURANZA(トランザ)」です。

トランザの特徴は、ロングドライブでも快適で高い高速運動性能を発揮するタイヤです。
特に欧州では高速移動することが多く、欧州で高評価を受けています。

頻繁に高速道路を利用する方、ワインディングでドライブを楽しみたい方に最適なタイヤです。

インプレッサスポーツのタイヤサイズの見方

引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/base/size.html

タイヤサイズは分かる人にはわかりますが、さっぱりわからないという人も多いかと思います。

ここではタイヤサイズの見方を一つ一つ解説していきます。

205/55R16

こちらはインプレッサスポーツ1.6i-L EyeSighのタイヤサイズです。
わかりやすくするために、これを分解してそれぞれ何を表しているのか見ていきましょう。

  • 205 タイヤの幅(mm)
  • 55 扁平率(%)
  • R ラジアル構造であることを表す
  • 16 リム経(インチ)

扁平率とは、タイヤの断面幅に対してタイヤの断面の高さの比率のことです。
扁平率は乗り心地やコーナリング性能、運動性能、さらには走行時の音に関係してきます。

リム経はホイール部分の直径のことです。

黒色のゴム部分がタイヤで、鉄やアルミなどの金属等でできた銀色部分ですから境界はわかりやすいかと思います。

インチアップという言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、これは要するに扁平率を下げることです。

インチアップするメリットはコーナリング性能のUP、ブレーキ性能のUPなど車をより運転しやすくなります。
また、インチアップすることで足回りがシャープになり見栄えが良くなるメリットもあります。

その反面、インチアップすると乗り心地を残ったり走行音が大きくなる、燃費の悪化と言ったデメリットもあるので覚えておくと良いでしょう。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/powerunit.html

新型インプレッサスポーツではグレードごとにインチサイズが異なります。
1,6Lでは16インチ、2.0Lは17インチと18インチの3種類です。

1,6Lは走行時の騒音が少なく重量が軽いので燃費が良いです。
17インチ、18インチは見た目のインパクトが強くなり、グリップ性能が増すのでカーブを曲がりやすくなったり制動距離が短くなったりします。

どちらが良いのか迷うところですが、インプレッサスポーツを普段どのようにして乗るのかが違ってくると思います。

たとえば、街乗りがメインなら16インチである1.6Lがおすすめです。
17インチや18インチはツーリングするのに適しているサイズです。

インプレッサスポーツのホイール

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

次にインプレッサスポーツのホイールについて見ていきましょう。

ホイールは見た目はもちろんですが、乗り心地や運動性能も関係してくる重要なものです。

ホイールには大きく分けて2種類あります。

  • スチールホイール
  • アルミホイール

上記の2種類です。

スチールホイールは鉄からできており、アルミホイールはアルミからできているの違いです。

その他にも性能面でも双方は違いがあります。

【スチールホイール】

  • 安価
  • デザインがいまいち
  • 放熱性が低い
  • 高強度

【アルミホイール】

  • 高価
  • デザインがカッコいい、バリエーション豊富
  • 放熱性が高い
  • 軽量
  • サビに強い

アルミホイールはスチールホイールに比べて高価ですが機能面でも上です。

放熱性とはブレーキ時に発生する摩耗熱を逃がす役割のことです。
放熱性が低いスチールホイールではブレーキのききが悪くなることもあるので注意が必要です。

それらを踏まえた上で、新型インプレッサスポーツのホイールを見てみましょう。

  • 1.6i-L EyeSight:16インチ(ブラックハイラスター塗装) 
  • 2.0i-L EyeSight:17インチ(切削光輝) 
  • 2.0i-S EyeSight:18インチ(切削光輝)

新型インプレッサスポーツにはどのグレードにもアルミホイールが採用されています。
ブレーキの効きの悪さを心配する必要はなさそうですね。

引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/base/inchup.html

当然ですがホイールにもサイズがあります。

適合サイズは車種によって異なりますので、間違ったサイズを取り付けてしまうとブレーキが干渉したり車体からはみ出してしまうなどして危険です。

必ずサイズに合ったものを組み込んでください。

インプレッサスポーツのタイヤの交換時期は?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

タイヤというのは同じものを永久的に使い続けることはできません。

使い続けていればいつかは消耗して交換をしなければいけません。

タイヤを交換するタイミングはスリップサインが目安となります。

スリップサインとは、タイヤの消耗が進行していること示すサインのことです。

タイヤが磨り減っていき、これ以上の消耗は危険というサインがタイヤには表れるのです。
スリップサインが出てきたら危険な証拠ですから、早めにタイヤ交換しましょう。

スリップサインの目安は残ミゾが1.6mm程度です。
ミゾが減りすぎてしまうと、濡れた路面でブレーキが効かなくなったり夏の日の高速走行で危険度が増します。

他には偏摩耗にも注意してください。
空気圧方によるセンターの摩耗、空有気圧不足による両端の摩耗、車重の車にありがちな片減りなどです。

インプレッサスポーツのタイヤ交換方法。タイヤ交換は自分でもできる?

ここではインプレッサスポーツのタイヤ交換の方法について紹介します。

難しそうなイメージがありますが、工具と手順をおさえていれば自分でタイヤ交換することも可能です。

【タイヤ交換に必要な工具】

  • 替えタイヤ、ナット
  • タイヤカバー
  • ドライバー
  • ナットレンチ
  • 輪止め
  • ジャッキ

タイヤ交換に使用する道具は車に常備されているものもあります。
一度自分で確認してみてください。

【タイヤ交換方法】

ではタイヤ交換の流れを見ていきましょう。

①水平な場所で作業する

まず、タイヤ交換する場所ですが水平で地盤が硬いところで作業しましょう。
コンクリートやアスファルトで行うのがベストです。

②サイドブレーキをかける

次にサイドブレーキをかけておきます。
作業中にジャッキが外れてしまうのを防ぐためです。

ホイールキャップが付いている場合はドライバーなどで外しましょう。

④ナットを緩める

ジャッキで車体を上げる前にナットを少し緩めておきます。
車体をあげてから緩めようおとするとグラついて危険です。

⑤ジャッキで車体を上げる

ジャッキのアツが閉まっていることを確かめて、車に対して垂直に入れます。
5cm程度あげましょう

⑥ナットをはすず

ナットを外してタイヤも外します。
そして、交換するタイヤをはめ込みます。

⑦ナット締め

ナットは対角線上に締めます。
対角線上に行わないとタイヤがよってしまい危険ですので注意してください。

⑧ジャッキをゆっくり下ろす

必ずゆっくり下ろすようにしてください。
一気に下ろすとスピードが早くなり危険です。
ナットが緩んでいないか確認しましょう。

⑩空気圧の点検

最後にタイヤの空気圧を確認しましょう。
空気圧は運転席側のドア周辺に記載されています。

 

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加