スポーツ

インプレッサスポーツ新型の値引き情報!相場や限度額を知って目標を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


インプレッサスポーツは唯我独尊とも言える車です。

コンパクトと言えば若干コンパクトかもれしないが、別にそこを売りにした車でもない。

強いて言えば、〝スバル〟であることが特徴なハッチバック系のスポーティなマシン。

ゲットするにはやはり値引きが気になりますよね。確認していきましょう。

 

インプレッサスポーツ値引きの相場はどこ?

引用元:https://www.subaru.jp

インプレッサスポーツは2018年10月に現行タイプが発売されました。

発売してまもないですが、やはり値引き状況は気になりますね。

そこで、この章では、値引きの仕組みと相場についてまとめてみます。

スバル・インプレッサスポーツをお得にゲットしたいのならば、やはり値引きの仕組みをしっかりと理解することはとっても大事なことだと思います。

 

値引きの仕組みを理解しよう

引用元:https://www.subaru.jp

一括りに「値引き」と言っても実はいくつかの値引きに分類されることをご存知ですか?
販売する側からみると「値引き」はしたくないものですから、このうちのいくつかだけで済めば利益率が高くなることになります。

また、値引きの心理というものも大事になってきますね。

販売店側からすると出来るだけしたくない〝値引き〟。これをせざるを得ない状況とは何かが大事です。

端的に言えば、「値引きしてでも売りたいタイミング」ということになりますね。

ここに関わってくる要素としては、「モデルチェンジ前」「決算期」などですね。

これらの時期には仕方なく値引きを行いますが、できれば、最小限の値引きで済ませたいという心理が働きます。
したがって、買う側からみると「値引き」のタイミングと種類を知ることで最大限の値引きに近くことができるはずです。

また、値引きを営業マンは一まとめにして言ってくる傾向がありますが、内部的にはしっかりと分かれています。

〝車両値引き〟〝オプション値引き〟〝下取り値引き〟の3つですね。

車両値引き=ベースとなる値引きであり、車両本体に対する値引きになります。渋くもなりますし、一番大きくなる可能性も秘めています。

オプション値引き=車両本体以外のオプション装備品に対する値引きです。当然、いっぱいつければ購入金額が跳ね上がりますので、値引き額があがる可能性もありますね。

購入総額で見る必要があります。

下取り値引き=これは営業マンの最終手段です。上の2つの値引きでも目標額に届かなかった場合に下取り分を値引き処理分として引き取り額アップを伝えてきます。

相場を知っておかないと騙される可能性もあります。

この構造をしっかり知ることで正しく値引き内容を評価できますので頭に入れましょう。

 

値引き情報から相場感を知ろう

引用元:https://www.subaru.jp

次にインプレッサスポーツにおける値引きの相場感を調べてみましょう。

2018年10月に一部改良を経たインプレッサスポーツ。改良後は値引き相場として下がっている傾向にあるようです。

2018年に入って、1月よりずっと平均の値引き相場は18万円で推移していましたが、2018年10月に一部改良が加わった結果、12万円まで減少しています。

2018年12月現在は15万円程度まで上昇しているようですね。

値引きの相場としては、実際にディーラーにおいて行われている値引きの情報を総合して分析する方法しかありません。

インプレッサスポーツの場合、月間におおよそ2000〜3000台が販売されているようです。ですので、一部改良後、おおよそ4000台強が販売されており、その内容を分析した結果、相場としては車両値引きとして20万円弱程度で推移しているようです。

また、オプション値引きとしてはおおよそ10万円弱が相場としてあるようです。

合計して、30万円弱というところが相場として見えてきましたね。

 

インプレッサスポーツ値引きの限界は?

引用元:https://www.subaru.jp

〝スバリスト〟という熱心なスバルファンが存在するスバル車ユーザー。

その中でコンパクトさと軽快な走りから熱心なファンが存在するインプレッサスポーツは、他のインプレッサシリーズの中でも独自の立ち位置を確立しています。

その、インプレッサスポーツをゲットするのに、世の皆さんはどんな値引き実績をもつのでしょうか。調べてみました。

また、値引きを引き出す上での交渉材料をしっかりと調べて、値引き限界を把握しましょう。

 

スバルは値引きしないで有名

引用元:https://autoc-one.jp

一般的にスバルは「値引きしないメーカー」として有名です。

前述の通り、世には〝スバリスト〟なるコアなファン層が存在していますし、スバルが開発し実用化している「水平対向エンジン」はそれだけの魅力を持ったパワートレインなんです。

ここで、スバルが「値引きしない」として有名な理由を改めて整理してみましょう。

「車作りに対する姿勢」

スバルは技術を最優先し、コストを度外視した車作りを行なっています。

スバルが開発・実用化している水平対向エンジンは低重心化と小型化を実現します。

また、一般的にスバルのボディは非常に強いと考えられていますし、振動に対する耐性も水平対向エンジン技術により実現しています。

このような技術は飽くなき技術への探究心が実現させているものであり、時にはコストを度外視して実現したものもあります。

このような姿勢が車両価格を押し上げています。

「ディーラーが必要性を感じていない」

メーカーの姿勢は当然ながらディーラーにも影響を与えます。

ディーラー自体もスバル車の技術的な高さに対する絶対的な自負心を持っています。

ですので、スバル車の素晴らしさを理解した人に購入してもらいたいという意識を持っています。

そのため、スバル系のディーラーは割と値引きに不熱心だと言われています。

「スバル車の熱心なファンが多いため、値引き戦略に不熱心」

前述しました通り、熱烈なスバル車ファン〝スバリスト〟という層がいるため、スバルのディーラーにおいて購入する層は指名買いであることが多いと言われています。

そのため、ディーラー側に熱心に値引きをする風土がないことも事実だと思います。

このように他に類をみない素晴らしい車を販売しているがため、値引きに対してはシビアな環境であるスバル。

そのスバルが発売しているインプレッサスポーツですので、しっかりとした戦略が必要となります。

 

値引きの限度まで至るための交渉材料を紹介

引用元:https://www.subaru.jp

値引きのツワモノはどんな準備をしているのか?どんな交渉をしているのか?という点についてもご紹介いたします。ポイントとしては準備/段取りというところかと思います。値引きのツワモノはそれなりの手間をかけていますね!

<値引き事例>
購入対象:スバル・インプレッサスポーツ 2.0i-S
正規購入総額:2,397千円、実購入総額:2,117千円
値引き総額:280千円(車両本体値引き:200千円+オプション値引き80千円)

交渉のポイント:

1_交渉をするにあたって相手を知ることが大事です。

<スバルの自動車業界での位置付け>

スバルという会社は社名変更前は富士重工業という会社でした。

この富士重工業という会社は戦前は飛行機を作っていた会社で日本の重工業を担ってきたという自負がとても高いです。

そのため、現在もメーカーとしての誇りを高く持ち、他社とは比較にならない唯一無二の車作りをしていると考えています。

そのあたりの話を営業マンとしっかりしましょう。

<インプレッサの位置付け>

インプレッサは元々レガシィの下位モデルと位置付けられがちですが、実際には「グローバルCセグメント」と呼ばれる、欧州におけるミドル〜コンパクトクラスのフラッグシップマシンを目指しています。

そのためのサイズ感、装備、運転性であることを理解しましょう。

2_時期を知る

自動車ディーラーは元々決算期に成績を得るための頑張りを見せると言われていますが、最近では評価方法が変わってきており、通年での成績が求められます。

一方で、ディーラー自体がメーカー側から問われるのは年間販売台数なので、決算間近だと1台でも多く売る必要が出てきて、利益率の下降に目を瞑る傾向があります。

そう言う意味ではあいも変わらず決算期に近くは有利と言えます。

3_相場を知る

相場についてはこれまでお伝えしましたね。しっかりと金額イメージを持って臨みましょう。

 

 

インプレッサスポーツの値引き目標はここだ!

引用元:https://www.subaru.jp

ここまで値引き設定に至る様々な情報を整理してみました。

では、具体的に値引き目標を設定して、納得いく価格でのインプレッサスポーツゲットに向かいましょう。

ここで大事なことは「値引き目標を設定する」「目標達成のためのロジックを知る」こととなります。

 

値引き目標を設定しよう

引用元:https://www.subaru.jp

では具体的に値引きをゲットするための流れとして、目標をしっかりと設定したいと思います。目標としては、1_どのグレードを狙うか、2_オプションはどう考えるか、3_下取りは分けて考えるという前提で考えましょう。

1_グレード別に目標額を設定する。
 車両本体として、220万円を超える場合は15万円の値引きはしっかりとりましょう。
 220万円未満の場合でも10万円の値引きはしっかりとりましょう。

2_オプション値引きもしっかりとる。
 本調べでもわかりますように平均して5万円くらいはとっているようです。オプション搭載をする場合は車両と合わせて20万は超えるようにかんがえていきましょう。

3_下取りを安易に行わず、買取比較で相場を押さえておく。
以上を加味して目標額を明確化しておきましょう。

 

目標達成のためのロジックを知ろう

引用元:https://kigyotv.jp

それでは最後に今までの情報を元にスバル・インプレッサスポーツを少しでもお買い得な価格で購入できるよう、1_購入前、2_購入時に分けてまとめてみましょう。

1_購入前の準備

購入前の準備をまとめてお伝えします。

・しっかりと車両情報を仕入れて、どのくらいの相場感で取引しているのかをシミュレーションしましょう。

・その車にどれだけのコストを投下するのか明確なイメージを持ちましょう。グレード設定にも関わります。

・特別仕様車やオプションセットなどについても知識を入れておきましょう。

・販売店にとってどのような時期なのかをしっかりと押さえましょう。

2_購入時の取り組み

次に交渉時に心がけるべきポイントについてです。

・金額の内訳を細かく教えてもらう。

・買う意志があるのかないのかを明確にする。

・まずは一通り、相手のセールストークをしっかり聞く(気分を乗せる)。

・自分の設定した予算額を明確に伝える。

・自らのスバル愛を熱く語り、スバル所有者の仲間入りをしたい熱意を伝える(これは初めてスバル車を買う場合には有効です)。

納得がいくまでしっかりと持久戦スタイルでいきましょう。

値引きが限界と思ったら無料オプションや手間賃のカットも交渉を。

 

インプレッサスポーツ値引きに関するまとめ

引用元:https://www.subaru.jp

スバルが発売するちょうどいいサイズのスポーツ系マシン、インプレッサスポーツ。

手頃なサイズ・価格でスバルの誇る水平対向エンジンを楽しむことができます。

納得できる価格で手に入れるためには、とにかく一に準備、二に準備です。

しっかりと段取りして交渉に臨みましょう。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加