Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/keitrend/kkimpreza.work/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
スポーツ

インプレッサスポーツ新型の試乗!試乗評価から試乗のポイントを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


スバルの新型インプレッサスポーツの試乗レポートが気になりますね。
実際に試乗された方のリアルな意見は参考になる部分が多いです。

カタログからでは分からないことも多いので、参考になりますよ。

今回はスバルインプレッサスポーツの試乗レポートについてご紹介します。

スバルインプレッサスポーツ試乗レポート

ここでは、実際にスバルインプレッサスポーツに試乗された方たちのレポートをまとめてご紹介していきたいと思います。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety0.html

【走行性能】

スバルインプレッサスポーツは実際に走り出すと、まず驚かされるのが静粛性の高さ

エンジン音などは全く聞こえず、走行中の外からの音は殆ど拾いません

インプレッサスポーツは走りに重きをおいている車なので、室内の静かさは二の次なんて思っていましたが全くそんなことはなくて、高級車さながらの静粛性を実現しているのではないかと思います。

また、走り出すと、タイヤが路面に吸い付くような走りで非常にまろやかで、その感触が手のひらに伝わってきます。

車体と足回りの一体感が抜群によく、スタート時の軽やかさだけでなく走行時の安定感は素晴らしいですね。

キビキビ走るとよく言いますが、まさにインプレッサスポーツに当てはまる言葉だなと思います。
アクセルレスポンスも良いし、自分が思い描くラインをきっちりと走れるハンドリングレスポンスも文句無しです。

1.6Lはやや加速性能に物足りなさを感じますが、それでもそこそこ良くて十分楽しめます。
どっしりとした安定感があって、こんなに運転が楽しいと感じたのは久々ですね。

【視界の広さ】

元航空機メーカーのフィロソフィーが活かされているだけあって、視界は良好です。
見やすくて運転が楽です。

普段はフォレスターに乗っていて視界がよく、インプレッサスポーツは車高が低いうえにリヤガラスも狭いので見にくいかなと思ってましたが、さほど気になりませんでした。

また前後だけでなく左右の視界も良く、取り回しが楽です

懸念していたEyeSightのカメラが邪魔にならない位置に付いていたので安心しました。

Aピラーの部分の視認性もよく、死角が少ないのもありがたいです。

よく見えて安全な上に室内が明るいの、それだけでドライブが楽しくなりますね。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

【使い勝手】

サイズ的にちょうどよく、荷室は意外と広いなと感じました。
通勤はもちろんですが、レジャーでも使いやすい車ですね。

地味に嬉しいのがインパネの操作性の良さです。

前の車は、スイッチ類が分かりづらく操作しづらかったのですが、インプレッサスポーツは直感で操作できるし、視線移動が最小限で済むので運転中でも安心です。

驚いたのは居住性の良さです。

ワゴン系の車はそこまで居住性は重視していないイメージが合ったのですが、後部座席でも大人がゆったり座れる広さは良いですね。

仕事柄、後部座席に人を乗せることもあるので、狭いと気使いますがインプレッサスポーツならその心配も無用ですね。

手頃なサイズなのに室内が広いので、全体的に使いやすいです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

【デザイン】

最近の車はオラ付いたデザインが多くどうも苦手でした。
その流行りに乗っからないスバルはさすがだなと思います。

あくまでも我が道を行くという感じで、ぶれないところが好きです。

全体的にスタイリッシュでカッコいいなと思います。
個人的には、後ろから見た感じは昔のほうが良いですが、トータルで考えるとやっぱり今のデザインが気に入ってます。

洗練されたデザインで、長く乗れそうなのもまた良いですね。
シンプルですが、他車とは違った存在感があって気に入りました。

【安全性能】

さすが世界トップレベルの安全性能。
EyeSightは秀逸と言うしかありません。

高速道路での運転が飛躍的に楽になって安心して運転に集中できます

家族を乗せることが多いですが、安全装備がフルに付いているので、万が一のことを考えても安心できるかなと思います。

多彩な安全装備が備わっていて、やっぱり他メーカーと比べても頭一つ抜けているなという印象です。

特に、ボンネットの歩行者用エアバッグには驚きました。
こういったところの配慮も抜け目ないところに、スバルの安全技術への意識の高さを感じられます。

EyeSightはもちろん良いですが、更に驚いたのは後方支援です。
バックするときに、人が通過したらきちんと止まってくれました
うっかり見落としていたので、確かにこの装備がついていると安全だということを実感させられましたね。

スバルインプレッサスポーツ試乗評価はどう?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

ここではスバルインプレッサスポーツの試乗評価をご紹介していきます。

良い評価もあれば悪い評価もあります。
包み隠さず試乗評価を載せていますので、是非参考にしてください。

良い評価

まずはインプレッサスポーツの良い評価をご紹介します。

【高級感があって良い】

インプレッサスポーツの良いところは、主張しずぎない控えめな高級感があるところだと個人的には思います。地味だなんて言う人もいますが、それはちょっと試乗した程度の人が言っているのが大半でしょう。私のように長い間乗っているとその良さがじわじわと伝わってきます。

さりげない高級感はインテリアだけでなくエクステリアからも感じられますね。この外車っぽい雰囲気は先代モデルよりも洗練されていて、断然カッコいいです。

【静粛性抜群です】

街中でも高速でも不満を感じることなく走れるエンジン性能はもちろんですが、それより何より気に入っているのは静粛性の高さです。

2.0Lに乗っているのですが、外からの騒音は殆ど入ってきません。そのため、スピードが出ている感覚がなくてついつい出しすぎてしまうこともしばしば(笑)

空調の音も静かで、前の車は空調フルだと音楽が聞きにくかったですが、インプレッサスポーツではボリューム調整がほとんど必要なくなりましたね。

【先代よりも格段に走行性能が良くなっています】

先代インプレッサスポーツは1.6、今回は2.0Lを試乗しましたが想像していたよりも良いです。

NAだけどトルクはスペック以上に感じられるし、発進もスムーズ。街乗りなら1.6Lでも十分でしょうけど、楽しさを考えると2.0Lが格上です。

走行性能はもちろんですが、剛性感がもの凄く良くなっていますね。特にそれが感じられるのはコーナリング時です。ステアリングを切ったときの反応がよく、思い通りに曲がれます。

悪い評価

つづいて悪い評価も見てみましょう。

【ハンドルが重い】

確かに、インプレッサスポーツはしっかり感があって安定して走れるのですが、そのせいかハンドルが重いです。特に、高速道路のようなスピードを出す場面では如実にあらわれている気がします。男の僕が重いと感じるのだから、女性だとそれ以上に感じるのではないかなと思います。

妻に運転させるのはちょっと危険かなと個人的には思っています。

【CVTのフィーリングは甘いかな】

高速道路で巡航していて再加速するシーンでアクセルを踏み込むと、エンジン応答に対して速度が見合っていないなと感じました。俗にラバーバンドフィールなんて言いますけど、やはりCVTの悪いところがインプレッサスポーツでも出ているなと。

長らくMTを運転してきたせいもあるのか、気にしない人は全く気にならないかもだけど私のように走りにこだわりがあるとエンジン音と加速度が見合っていないのは一種の気持ち悪さを覚えるものです。

リニアトロニックCVTのフィーリングに関しては、次のモデルチェンジまでには改善してほしいですね。

【情報チェックが大変】

ユーザーインターフェースがイマイチかなと思います。特に、運転席周りの情報伝達系は結構面倒だなと感じましたね。ダッシュボードの中央、回転計と速度の間に1つ、ナビとディスプレイが3つもあると情報をチェックするのが大変ですよ。

このあたりはもう少し整理できるのではないだろうか。

また、なにげに気になったのがエアコンの温度操作ダイヤルです。手を伸ばして操作するのですが、温度表示はダッシュボードの上のマルチファンクションディスプレイを確認するので、面倒です。

インプレッサスポーツを試乗するときのポイントは?

 

インプレッサスポーツを試乗するときは、どういった点に注意するとよいのでしょうか。

ここではインプレッサスポーツ試乗のポイントをご紹介します。

【エクステリア】

エクステリアは特に色をしっかり確認しましょう。

カタログでは良い感じに見えても、実際見たらイメージと全然違ったなんてことはよくある話。

日にあたったときの見え方も確認しておきましょう。

【操作感】

インプレッサスポーツでは特にハンドリングをチェックしておきたいです。

悪い口コミでもありましたが、ハンドリングが重いと感じる方は多いので、自分で運転したときに操作しやすいのかはきちんと確認しましょう。

【居住性・使い勝手】

最後に居住性・使い勝手です。

特に、ファミリーカーとして使用することを考えているなら、家族全員で試乗することをおすすめします。

インプレッサスポーツは後部座席の居住性も高評価を得ていますが、感じ方は人それぞれです。

実際に自分たちが乗ってみて、日常で不満なく使えるかどうかはきちんと確認しておきたいところですね。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加