G4

インプレッサG4新型の燃費は?実燃費や燃費向上について詳しく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


マイナーチェンジを受けて11月にデビューした新型インプレッサG4。

燃費はどうなっているのか、カタログや口コミから情報を集めてみました。

燃費向上のために気を付けたいことなども纏めましたのでご紹介します!

 

低燃費車に共通する装備!新型インプレッサG4は?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/equipment.html

新しい技術によって各社競い合う燃費。

その争いは年々激しくなってきていますね。

 

最近はガソリン価格も高騰していますから、ますます低燃費車の注目度が高まっていると思います。

一般的に”燃費がいい”と言われるような車は、車両重量が軽かったりトランスミッションにCVTが採用されていたりと、車種は違っても共通して同じような特徴が挙げられることが多いです。

 

では、新型インプレッサG4ではどうでしょうか?

カタログスペックの中から、燃費に好影響をもたらす機能などをいくつかピックアップしてみましょう。

 

リニアトロニック

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/powerunit.html

自動無段変速トランスミッションで、通常だと”CVT”と呼ばれています。

”燃費性能が良い” というだけでなく、”リニアな加速性能をもつ” というのが、この”リアトロニック” の特徴です。

大幅な軽量化と静音化が図られ、発進時はパワフルに、高速巡航時は低燃費に走れるよう、変速する範囲を拡大しています。

アクセルが高開度になるとステップ変速に切り替わる「オートステップ変速」も搭載していますので、ダイレクトな加速感が楽しめるトランスミッションとなっていますよ。

 

そのほか、カタログでは以下の項目が主要燃費向上対策として掲載されています。

・アイドリングストップ装置

・電動パワーステアリング

・可変バルブタイミング

・ロックアップ機構付トルクコンバーター

 

CVTをはじめとするこれらの装備は、比較的燃費の良いガソリンエンジン車では当たり前のように搭載されるようになりました。

しかし実は、インプレッサG4の燃費向上対策はこれだけではありません。

 

エアロダイナミクス、アルミボンネット

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/powerunit.html

車体の軽さだけでなく、走行中のボディに当たる空気や、フロア下の空気がうまく後方に流れるデザインであれば燃費は上がります。

インプレッサG4ではエンジン下とフロア下にカバーを採用することで空気抵抗を減らし、燃費性能だけでなく走行安定性まで高めています。

また、ボンネットの素材は重量のあるスチールではなく軽量のアルミを採用していますので、燃費性能のほか、ステアリングを切ったときの応答速度を早めたりするような運動性能の向上に貢献しますよ。

燃費向上と運動性能の向上を同時に実現できる装備を採用してくるところは、「さすがスバルだなぁ」と感心させられるポイントですね。

 

ではこれらの装備がされている上で、インプレッサG4はどのぐらいの燃費性能を持っているのか確認してみましょう。

 

新型インプレッサG4のカタログ燃費!実燃費との比較は?

カタログ上での燃費数値

ではインプレッサG4の燃費をカタログで見てみましょう。

一般的に車両重量によって燃費は変わってきますので、2WDとAWDの車重も併せてご紹介します。

 

インプレッサG4の車重は同サイズの車種と比べても同水準か比較的軽い部類に入ると思われます。

ハイブリッド車ではありませんから、JC08モード燃費も1.6L・2.0Lともに十分な燃費水準となっているでしょう。

 

ところで、JC08モード燃費とはどのようなものかご存知でしょうか?

知らない方のために少しだけご紹介しておきたいと思います。

 

JC08モード燃費とは?

現在国内自動車メーカーから販売されている自動車カタログには、国土交通省からの指示で”JC08モード燃費”の掲載が義務付けられています。

この”JC08”は国土交通省の審査値で、ユーザーの使用環境の変化や測定技術の進歩を踏まえ、より実際の走行に近づけるために平成23 年 4 月から新たな測定方法として導入されました。

しかし信号が多くストップ&ゴーの多い市街地ではJC08モード燃費と同じ数値で走ることは極めて難しく、実燃費はJC08モードを大幅に下回る場合がほとんどだと思います。

 

WLTCモード燃費とは?

平成29年夏以降は、国際的な試験法である”WLTC モード”という燃費の測定方法が導入されました。

これにより、JC08モードに比べ、走行環境に応じた省エネ性能の良い自動車をより正確に知ることができるようになりました。

この燃費表示では「市街地モード」・「郊外モード」・「高速道路モード」といった3つの走行モード毎の燃費が表示されるため、より走行環境に合った燃費との比較がしやすくなるというメリットがあります。

 

しかし”WLTCモード燃費”は各メーカーの全車種で測定されているわけではありません。

29年夏以降にフルモデルチェンジした車種などには掲載されていますが、それ以前に販売されていた車種で新しくマイナーチェンジをしたような場合は掲載されていないことがあります。

インプレッサG4も同様に”WLTCモード燃費”が掲載されていないのは少し残念なポイントですね。

 

実燃費は意外といい!

では、実際の燃費はどれぐらいになるのか気になりますよね。

こればかりは口コミを参考にするしかありませんので少し調べてみました。

 

実はこのインプレッサG4、口コミではそこそこ燃費が良いようですね。

市街地では13km/l 前後、高速では15km/l 前後とのことで、

街中で特に費を意識せずとも10㎞/l を超えるケースはかなりあるようですよ。

私の経験上、JC08モード燃費数値の6割以上の燃費で市街地を走れば優秀だと考えていますので、インプレッサG4を購入して極端に燃費が悪く悩まされるシーンは滅多にないのではないかと思います。

 

燃費向上の方法! 新型インプレッサG4 燃費情報まとめ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/equipment.html

インプレッサG4はレギュラーガソリン車ですが、最近では原油価格の高騰で160円/l を超えていた時期もありましたよね。

燃費がいい車だと、そんな時でもそれほど気にせずにドライブや遠出も楽しめると思います。

しかし、ガソリン価格が高くなると遠出は出来るだけ控えているような方も多いのではないでしょうか。

 

やはり車はできるだけ燃費が良いほうが嬉しいですよね。

車の燃費は運転の仕方で大きく変わるのは当然のことですが、燃費を意識したメンテナンス”を実施しているかどうかという点も燃費には重要な要素となっています。

 

タイヤの空気圧をチェック!

引用:https://autoc-one.jp/news/950028/photo/0012.html

皆さんの車の”タイヤ空気圧”は適正ですか?

最近だとガソリンスタンドで給油中にチェックしてもらえる時もありますし、販売店などの整備点検時は何もお願いしなくても必ず空気圧チェックが行われています。

ご自分でセルフガソリンスタンドやカー用品店に備え付けの機器を使って空気圧を調整できる人もいれば、「自分で空気圧のチェックをしたことがない」あるいは「空気圧はどのぐらいに調整すればいいの?」という方も意外と多いのではないかと思います。

そんな方のために”燃費を向上させる正しいタイヤ空気圧”についてご紹介します!

 

指定空気圧値の調べ方

一般的にタイヤの空気圧は車種ごとに決められており、その指定空気圧は運転席のドアを開けたところのどこかに貼られているシールに記載されています。

 

引用:https://www.goodyear.co.jp/knowledge/air.html

これは納車の際に装着されている純正タイヤの指定値です。

ホイールのインチアップでタイヤの扁平率やロードインデックスが変わるような場合には空気を若干多く入れるようなこともありますので、その際には”参考値”として利用します。

 

空気圧は高すぎても低すぎても良くない

タイヤの空気は多すぎても少なすぎても、グリップや転がりなど本来タイヤが持つ性能を発揮することができなくなります。

 

引用:https://www.goodyear.co.jp/knowledge/air.html

空気圧が低かった場合はタイヤの”外減り”や”内減り”が顕著に現れるようになります。

空気圧が高かった場合も同様に偏摩耗の原因となり、タイヤの寿命を早めてしまうので注意が必要ですよ。

 

ご自身でタイヤ交換をされる方はタイヤのチェックをする機会も多いので早めに異常を発見できると思います。

しかし点検整備は整備工場任せという方は異常に気付かず、走行中にバーストしてしまうようなケースもあります。

「ディーラーで点検してるから自分でメンテナンスをしなくても安心」というのは大きな間違いですので、これを機に愛車のタイヤに異常がないかをチェックしてみてください。

また、タイヤの空気を入れる前後で燃費確認をすると、面白い比較結果が出るかもしれませんので是非チャレンジしてみてくださいね。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加