G4

インプレッサG4新型の納期は?納車状況や納車待ち情報をお届け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそ、あなたの新車購入時の悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


車を買うタイミングは人それぞれ。

この記事を見ている方の中には、契約を済ませて心待ちにしている人もいれば、これから契約を控えていて納期がどのぐらいになるのか不安な方もいらっしゃると思います。

まずはスバル・インプレッサG4だけでなく他のメーカーの車も含め、契約してからどのぐらいの期間で納車になるのかご紹介したいと思います。

 

【新型インプレッサG4】納期はどれぐらい?

 

一般的な車の納期

「自動車は契約してから製造が始まる」という認識をされている方が多いかもしれませんね。

しかし、厳密に言うと少し違う場合があるのでご紹介しますね。

 

見込み生産車両

メーカーはあらかじめ決められた生産計画に基いて、車を生産しています。

フルモデルチェンジ等で一時的に生産台数が多くなるようなことが予想された場合も含めて、工場では車両の「見込み生産」が行われています。

ここで生産された車は多くの場合、受注を受けた時点で既に生産が開始しているため、発注から早ければ1週間程度でディーラーに届くこともあります。

そこからディーラー装着オプションの取り付けや登録作業などの期間を考えると、納期は契約から約1~1.5か月になると予想されます。

 

これは新車を購入するときの納期としては「最短」と言ってもいいかもしれませんね。

メーカーがあらかじめ見込んだ車種・グレード・カラーなどの条件で、生産と契約タイミングが合致した時に実現する納期です。

 

引用:http://ecocar-asia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-4cc1.html

受注生産車両

見込み生産車両以外で、特殊なメーカーオプションや販売数がそれほど多くない車両は”受注生産”となります。

この場合は発注からディーラーに車が届くまで約1か月以上かかることが多いので、契約から納車まではおよそ1.5~2か月程度となります。

 

人気がある車であれば3か月やそれ以上かかってしまう場合もありますし、後述しますが”混成ライン”で車を製造するメーカーは、他の車種で人気の新型が出た場合には受注が詰まってしまって納期遅れが発生することも考えられます。

 

インプレッサG4の生産拠点

引用:https://response.jp/article/img/2014/11/03/236487/782193.html

皆さんはスバルの車がどこで生産されているのかご存知でしょうか?

納期を語るためには生産方法なども欠かせないお話になりますので、少しだけご紹介しますね。

 

スバルは全国からオーダーを受けた車両の製造を、群馬県内の以下の2つの工場で行っています。

 

本工場

こちらの工場でインプレッサが製造されていますが、 他にもLEVORG、 XV、WRX、SUBARU BRZ の生産を行っています。

 

矢島工場

実はこちらでもインプレッサが製造されており、LEGACY、FORESTER、XV も生産しています。

 

スバルの生産ラインは1つのラインに複数の車種が流れる”混成ライン”です。

混成ラインのメリットとして、新モデルの販売開始時には1つのラインを同一車種の量産に充てることができるようです。

インプレッサはG4だけでなく、”インプレッサスポーツ”もありますので、もしかすると本工場と矢島工場で車種を分けて生産しているかもしれません。

 

大規模災害などがあって工場の操業が難しくなるようなことがない限り、混成ラインを採用しているスバル車の生産は極端に遅れることはなさそうですよ。

 

【新型インプレッサG4】納期情報!納車遅れは?

 

現在の納車状況

インプレッサG4は2018年10月11日に公式発表され、11月2日に新発売されました。

口コミが少なく正確な情報ではありませんが、新型のインプレッサG4を受け取った方はまだいらっしゃらないのではないかと思います。

しかし、現在のインプレッサG4の納期は、2~3か月と言われているようですね。

 

時期的なことを考えると、大半の車両は年明けの納車予定になっているのではないかと思います。

予約受注分でオプション装備などが少なければ、もしかすると年内に納車される車両もあるかもしれません。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/platform.html

フルモデルチェンジをして発売された新型フォレスターの納車状況は最長で4か月というアナウンスが出ていますので、マイナーチェンジに留まったインプレッサG4の納期については、標準的かやや遅れている程度であると思います。

2018年11月下旬現在で納車遅れはないようですし、徐々に納期も短くなってきているようですので、これから契約を考えている方もご安心ください。

 

今後の納期見込み

もちろん年末年始には工場のラインが止まる期間があります。

だからと言って極端に納期が遅れるようなこともないと思いますので、契約のタイミングを見計らうようなことはしなくても良さそうですよ。

販売店の決算が3月ですので、年明けに契約したとしても3月中に車両登録が終わって納車される可能性が極めて高いです。

 

【新型インプレッサG4】納期を早めるコツ!

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

 

グレードによって納期が早まる可能性がある

スバル以外の自動車メーカーでは、新型が発表されたタイミングで販売が開始となる場合が多いと思いますが、スバルでは発表から実際の発売まである程度の期間が設けられており、グレードやカラーの人気傾向を見ながら生産調整をするようです

 

極端に人気グレードやカラーが偏るようなことがない限り、人気グレードを選択しても生産ラインが量産体制に入っている場合は納期が変わらなかったり、むしろ他の車種よりも早まる可能性があります。

 

どのグレードの納車が早いのかを知る方法はただ一つ、”担当者に聞く”ということです。

各販売店では現在のオーダー状況や納期などが事細かに調べられるようになっていますので、何か事情があって納車を急ぐのであれば、その旨をはっきり伝えたほうが良いと思いますよ。

 

キャンセル車両を狙うのもアリ!

引用:http://minamikyushu.kyushu-subaru.jp/event_article/?id=897

「契約後は基本的にキャンセル不可です」と言われることが多いと思いますが、何らかの事情でキャンセルが出ることは当然あり得ます。

人気グレードになれば、キャンセルが出る可能性が高まるのも当然ですよね。

キャンセルが出た時点で該当車両が生産ラインに乗っていた場合には、その車両は”在庫車”となってしまいます。

キャンセル車両と同じ仕様でオーダーしていた他の契約者がいた場合は、そのオーダーの納期が早まる可能性もあります。

しかし買い手が付きそうにない特殊なメーカーオプションが付いたオーダーである場合は、そのキャンセルオーダーを自分のオーダーとして登録してもらえる可能性があるのです。

 

ですから、商談をする際は「キャンセル車が出たら教えて欲しい」と事前に一言伝えておくのもオススメです。

これは販売店との関係だけではなく担当者との関係構築も重要な要素になりますが、試してみる価値はあると思います。

横入りのような裏技ですが、グレードやボディカラーに拘りがない方はチャレンジしても損はないでしょう。

販売店としても在庫車は出したくないはずなので、その分値引き額が大きくなる可能性もありますよ。

 

 

いかがでしたか?

繰り返しになりますが、現在のインプレッサG4の納期は2~3か月となっています。

 

初めて車を購入される方も、乗り換えの方も、新しい車を契約してから納車されるまでは待ち遠しい期間になりますよね。

納車を早めたいのであれば当然のことながら”一日でも早く契約する”というのが一番確実な方法です。

しかし値引きが期待できない抽選予約の限定車でもない限り、初回の商談で即契約する人はまずいないでしょう。

数回の商談で値引きは大きくなりますが、値引き金額には確実に限度があるはずです。

納期が思い通りにならず「こんなはずじゃなかった」と思うようなことのないよう、販売店の担当者とは計画的に商談を進めてくださいね。

新型インプレッサが本来の価格から50万円以上安くなる方法!!

「スバル・インプレッサが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・インプレッサ】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加